You are here

クルーズ

クルーズのお知らせ~ 麗しの古都・ボルドー を巡る

歴史とロマンに溢れるフランスの港町ボルドー。クルーズ船シーニック・ダイヤモンドに揺られながら、素敵な思い出をたくさん作ってみませんか?ガロンヌ川とドルドーニュ川から望む古い街並みは、まるでタイムスリップしたかのよう。ワイン片手にとびきりのご馳走をいただきながら、数百年の伝統を誇るブドウ園を眺めて歴史に思いを馳せましょう。出航予定は8月8日です。忘れられない10日間の旅に向けて今から準備を始めましょう。

ア・ヴォートル・サンテ!(フランス語で「あなたの健康に乾杯!」という意味です)ボルドーを思う存分堪能できるリバークルーズへようこそ。まるで自宅にいるかのような居心地のシーニック・ダイヤモンドがクラブメンバー様をもてなします。フランス料理の作り方とワインとの相性を学ぶ教室用のキッチン「シーニック・カルネール」や、水遊びを楽しみながらワインについて語り合えるトップデッキのスイミングプール、充実したフィットネスセンター(ボルドーで蓄える分、カロリーはきっちり消費しましょう!)を完備しています。

このクルーズは、シオラック、フラン・メーヌ、グリュオ・ラローズ、ジスクール、ギロー、ミラといった歴史ある華やかなシャトー(ボルドーでは、城の有無にかかわらず、格付けされたワイン農園を「シャトー」と呼びます)でのツアーとテイスティングが主な見所です。しかし、これだけでは物足りない!と思った方はいらっしゃいませんか?そんなアクティブなクラブメンバー様のために、ワインテイスティングの合間にできるさまざまなオプションプログラムを取り揃えました。16世紀の歴史的建築物の見学、シェフとのショッピング、絵画のように美しい風景の中をサイクリング、ヨーロッパ最大の砂丘登り、250種が棲息するテック野鳥保護区で野鳥観察、古城巡り、コニャック片手にコニャックの町を散策(!)、要塞都市ブライのキャプテンズロードでサイクリングを楽しみながら長い軍事史を学ぶなど、ご希望に応じてお好きなオプションをお選びいただけます。

クラブパートナー・パークス・グランド・アドベンチャーのリバークルーズの魅力は、寄港地の観光だけではありません。それは、ともに壮大な冒険へと乗り出すクラブメンバー様同士の出会い、新たな友情の芽生えです。2016年10月に開催されたシーニック・パールでのライン川メンバークルーズ(発表後わずか数週間で完売)にご乗船いただいたクラブメンバー様の感想を紹介します。

  • 「このバケーションは全てが非常に思い出深いものでした。しかし、クルーズをさらに特別なものにしてくれたのは船の中での交流です。たくさんのクラブメンバーの方と出会えて話ができたことは素晴らしい経験でした。」
  • 「私達は皆、ヒルトン・グランド・バケーションズのクラブメンバーだったので、これまでのバケーションの思い出についてたくさん語り合うことができました。そこからまた新たな友情を築きあげることができました。」
  • 「シーニック・パールのこぢんまりとした雰囲気は、とても居心地が良かったです。また、他の乗客の皆さんと知り合える機会があって本当に良かったと思います。」
  • 「シーニック・パールでのリバークルーズはそれだけで満足がいくものでしたが、クラブメンバーの皆さんと知り合い交流できた経験があったからこそ、他とは全く異なる素晴らしいバケーションになったのだと思います。参加者全員がクラブメンバーという共通点を持ち、絆を深められたことは、とても素敵な体験でした。」

シーニック・パールと同様の客船であるシーニック・ダイヤモンドの乗客数は、より少ない155名。クラブメンバー様同士の親交を深めるきっかけがより多く生まれ、より会話が弾む環境と言えるでしょう。もちろん、家族やカップルで静かにゆっくりとお時間を過ごせる場所も数多くご用意しています。

麗しのボルドーがあなたを待っています。詳細はクルーズオンリー(英語)にてご確認ください。

クラブカウンセラーへのご連絡
日本からのフリーダイヤル:0120-805-811
日本国外・携帯電話から:03-6866-4900
ウェブサイト:club.hiltongrandvacations.com
営業時間:月曜日~土曜日 午前9時~午後6時

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。