You are here

クルーズ

モダン・ラグジュアリー な新造船で行く カリブ海クルーズ

2018年のクルーズ情報が早くも届きました。今回は、2018年12月より新造船として就航する「セレブリティ・エッジ」で楽しむクルーズのご紹介です。
本クルーズは、心地よい空間はもちろんのこと、世界中の未知の土地でその街の文化を学び、街の中に溶け込むようなバケーションを求めている方々にお勧めです。真新しい船の設備と合わせて、極上の時間をお楽しみください。

有名建築家・デザイナーが手掛けたラグジュアリーな船内

セレブリティ・エッジの建造にあたっては、世界でも有数の建築家やインテリアデザイナーとパートナーシップを結び、洗練されたラグジュアリーな空間を目指しました。世界的に有名なインテリアデザイナー ネイト・バーカス氏が、セレブリティ・エッジのデザインアンバサダーを務めています。雑誌「VOGUE」や「ELLE DECOR」をはじめとする数々の雑誌において「世界で重要なインテリアデザイナー」の1人として紹介されています。

船内の客室や公共エリアやスパの内装は、インテリアデザイナーのケリー・ホッペン氏が指揮をとりました。西洋と東洋のデザインを融合させ、あたたかみのあるクリーンなトーンでまとめたエレガントな作風が特徴です。

船体の外観やマジックカーペット、ルーフトップガーデンなどの施設を手掛けたのは、イギリスの建築会社WKK社のトム・ライト氏。

建築やインテリアデザインにおいて世界で活躍するプロ達が手掛けた空間を心ゆくまでお楽しみください。

まるで魔法のようなオープンデッキ「マジックカーペット」

船体の片側に大きく突き出た全長約30mのオープンデッキ「マジックカーペット」は、なんとデッキ16からデッキ2までを上下に行き来する可動式オープンデッキです。

上層のデッキに接続している時は、カクテルやDJのパフォーマンスを楽しめるラウンジとなります。デッキ5に下がれば、約100名を収容できるレストランに早変わり。開放的なオープンテラスでのお食事を楽しんでいただくことができます。さらにテンダーボートを使用する寄港地においてはデッキ2まで下がり、皆様をよりスムーズにテンダーボートへご案内するステーションとして活躍します。

癒しの庭「ルーフトップガーデン」

オープンデッキエリア「ルーフトップガーデン」には木をモチーフとしてデザインされた印象的な彫像が立ち並び、まるで洋上の庭園にいるかのようなリラックスした時間をお過ごしいただけます。日中はヨガ教室や音楽の演奏、ガーデン内にある「ルーフトップグリル」でバーベキューなどを楽しむこともできます。さらに、野外スクリーンでは映画が上映され、名作映画を鑑賞しながら作品に関連する美食を堪能できるイベント“テイスト・オブ・フィルム”が開催されます。

斬新でありながらも寛ぎのある客室

新客室カテゴリー「インフィニットベランダ客室」は、ベランダ部分を客室と一体化させたような驚きのデザインです。客室内にいながら従来のベランダのように海を眺めることができ、一旦窓を解放すればベランダを客室の一部のように使用いただくことができます。この目新しいデザインにより、ソルスティスクラスと比べ客室の広さは23%増し、バスルームは10%増しになり、より快適な広い空間の中でお寛ぎいただけます。

操舵室の真上に位置するスイート客室「アイコニックスイート」は、セレブリティ・エッジの中でも2つしかない最高級のスイートルームです。

リビングの他に2つの客室と2つのバスタブが備え付けられ、部屋のサイズは約176㎡、ベランダは約64㎡という広さです。パノラマ式のガラス窓からは息を呑むような景色をお楽しみいただけます。

2階建てのスイート客室「エッジヴィラ」は、まるで都会の高級スパを思わせる優雅でスタイリッシュなデザインが魅力です。

プライベートプールを完備し、全てのエッジヴィラからスイート専用デッキへ直接アクセスすることができます。

スイート客室のお客様は、新設となるスイート客室専用のオープンデッキ「ザ・リトリート」をご利用いただける他、セレブリティ社自慢のバトラーサービス、専用レストラン「ルミナ」などの特別なサービスも引き続きご利用いただくことができます。

定期運行決定!気候穏やか、東カリブ海クルーズ

フロリダ州のフォート・ローダデールを発着とする本クルーズの最初の寄港地は、キューバ、ジャマイカなど大きな島が並ぶ大アンティル諸島の最東端に位置するプエルトリコ。豊かな自然に恵まれ山や川や湖があり、ヤシの木が並ぶビーチなど変化に富んだ美しさを見せてくれる島です。

国名がスペイン語で「美しい港」を意味するプエルトリコはスペイン統治時代の面影が色濃く残り、南ヨーロッパ風の美しい街並みが続きます。エメラルドグリーンのビーチでのんびり寛いだり、パステルカラーのかわいらしい建物を眺めながらの散策も楽しめます。

プエルトリコは、現在はアメリカ自治連邦区ですが、かつては首都サン・ファンを中心に、新大陸とスペインの貿易の中継基地として発展し、軍事的にも重要な存在でした。そのため、海賊や他国からの攻撃を防ぐために築かれた、“カリブ海最強の要塞”と言われる史跡がいくつも残っています。1983年には、ラ・フォルタレサとサン・ファン国定史跡がユネスコの世界文化遺産に登録されています。

続いての寄港地は、静かでのどかなイギリス領ヴァージン諸島のトルトラ島です。島の南部には背の低い森林があり、北部はヤシ、バナナ、マンゴーの木立に沿ってビーチがあるこの島で、のんびりとしたひとときをお過ごしください。

本クルーズで最後に立ち寄る島、セント・マーチン島は南側がフランス領、北側がオランダ領と分かれています。フランス領では本場さながらのおいしいフレンチグルメを味わうこともできます。飛行機が好きな方はマホビーチがお勧めです。マホビーチは、飛行機ファンの聖地として有名なスポット。ビーチのすぐ側にプリンセス・ジュリアナ国際空港があり、カリブ海から進入してきた航空機がビーチの上空、高度20m〜30mを通過します。なお、マホビーチに設置されているサーフボードには、飛行機の離発着時刻が記載されています。珍しい光景を記念にカメラに収めてみましょう。

〈東カリブ海クルーズ 7泊8日〉

出港日:2018年12月16日・30日、2019年1月13日・27日、2月10日・24日、3月10日・24日、4月7日・21日

スケジュール

曜日 寄港地 入港 出港
1 フォート・ローダデール (フロリダ州)    午後4:00
2 終日クルージング    
3 サン・ファン(プエルトリコ) 午後3:30 午後11:00
4 トルトラ(英領ヴァージン諸島) 午前8:00 午後6:00
5 フィリプスバーグ(セント・マーチン) 午前7:00 午後5:00
6 終日クルージング    
7 終日クルージング    
8 フォート・ローダデール(フロリダ州) 午前7:00  

詳細はこちらをご覧ください。

※12月30日出航はホリデイクルーズのため旅行条件が異なります。
12月23日出航でフィリップスバーグ、シャーロット・アマリ—/セント・トーマス島、ナッソーに寄港するコースもあります。なおホリデイクルーズのため旅行条件が異なります。

定期運行決定!常夏の楽園、西カリブ海クルーズ

本クルーズは、フロリダ州のフォート・ローダデールを出発して、同州のキーウェストへ寄港します。アメリカ本土最南端のキーウェストはキューバの影響を受けた街並みや、セブンマイルブリッジなど、見どころ満載です。アメリカ国道1号線の起点地・終点地マイルゼロは人気スポットです。文学好きな方には、ヘミングウェイが住んでいた家へ出かけてみるのはいかがでしょうか。現在は博物館として一般公開され、猫好きだったヘミングウェイが飼っていた猫の子孫が今もこの博物館に住みついているそうです。

クルーズ4日目に寄港するコスタ・マヤは、ユカタン半島に位置する楽園として、多くのリゾートファンを魅了しています。サンゴ礁に囲まれやわらかな砂と透明度の高い美しいビーチが特徴です。コスタ・マヤは遺跡発掘現場が多くあるエリアなので、歴史好きな方や遺跡好きな方は、古代マヤ時代の遺跡巡りを楽しんでみてはいかがでしょう。

コスタ・マヤを出港し次に寄港するコスメルは、メキシコ最大の島です。対岸にはマヤ文明のトゥルム遺跡があります。多くのマヤ遺跡が内陸部にある中、トゥルム遺跡は海岸部にある数少ない遺跡です。また、コスメルはスキューバダイビングやシュノーケリングをはじめマリンスポーツの人気エリアとして、世界中のビーチファンか集う街でもあります。チャンカナブ・リーフは穏やかな潮の流れと遠浅で真っ白な砂地が特徴で、マリンスポーツ初心者でもゆっくりと水中でのアクティビティをお楽しみいただけます。

最終寄港地の港町ジョージタウンは、カリブ海西側に浮かぶケイマン諸島最大の島グランドケイマンの首都です。ケイマン諸島はラム酒が名産であり、ラム酒を使ったラムケーキが人気のお土産なので、クルーズの思い出にお土産を買ってみてはいかがでしょう。

〈西カリブ海クルーズ 7泊8日〉

出港日:2019年1月6日・20日、2月3日・17日、3月3日・17日・31日、4月14日

スケジュール

曜日 寄港地 入港 出港
1 フォート・ローダデール(フロリダ州)    午後4:00
2 キーウェスト(フロリダ州) 午前7:00 午後5:00
3 終日クルージング    
4 コスタ・マヤ(メキシコ) 午前8:00 午後5:00
5 コスメル(メキシコ) 午前7:00 午後4:00
6 ジョージタウン(ケイマン諸島) 午前10:00 午後6:00
7 終日クルージング    
8 フォート・ローダデール(フロリダ州) 午前7:00  

詳細はこちらをご覧ください。

※4月14日出航は4日目ジョージタウン、5日目コスメル、6日目コスタ・マヤの順で寄港し、寄港時間が異なります。
※ジョージタウンはテンダーボートにて上陸します。

◆クラブメンバー様専用特典:

クラブポイント、セーブドポイントおよびボーナスポイントを使用してご予約をいただいた方に、ノベルティをプレゼントいたします。

【ご予約・お問い合わせ】
$200分のクルーズ旅行のクレジットに必要なポイントは2,000ポイントです。ミキ・ツーリストのクルーズ旅行のクレジットをお申し込みの際は、クラブカウンセラーまでご連絡ください。クラブパートナー・パークス手数料を申し受けます。ファックスにてミキ・ツーリスト(03-5404-6683)へ直接ご予約ください。予約の時点でデポジットのお支払いが必要となります。遅くとも出発日の30日前までに予約をお済ませください。

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。