当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

今井様ご夫妻は、ハワイ島とオアフ島の双方にホームリゾートをお持ちのエリートメンバー様。足繁くハワイを訪れる理由は、旅人を温かく迎え入れる当地の魅力やリゾートのホスピタリティだけでなく、さまざまな人々との出会いにありました。

かねてより「定年退職後には、海外でゆったりとロングバケーションを楽しみたい」と考えていた今井裕(ゆたか)様、弘子様ご夫妻。

お嬢様から、タイムシェア施設を利用されているご友人のエピソードを伝え聞いていた今井様は、ある時偶然ヒルトン・グランド・バケーションズ(HGV)のバケーション・オーナーシップ販売説明会の新聞広告を見かけ、「これだ!」と直感されたのだとか。説明会に参加し、購入を検討されていた際、お嬢様の「車を1台買ったと思えばいいじゃない」という助言が決め手となり、2007年初めにキングス・ランド by ヒルトン・グランド・バケーションズの1ベッドルーム・プラスをご契約されました。

めぐりあいを重ねるたびに輝きを増していったHGV体験

実は、その翌年、今井様は2度目のハワイ島滞在でさらなる決断をされました。2ベッドルーム・プラスへのアップグレードです。

「すすめてくれたのは、当時販売担当者として私達をケアしてくれたYさんでした。とても明るくフレンドリーな方で、あっという間にその人柄に惹かれたのを思い出します」

お嬢様や長男様に加え、ご親戚を招いてバケーションに出かける機会が多い今井様ご夫妻にとって、2ベッドルームはかなり実用的。少人数でのご利用の際は、1ベッドルームのゴールドシーズンで予約を取って滞在期間を長めに設定するなど、旅の自由度が広がったことで満足度もアップされたそうです。

「その後、ハワイを訪れると必ずYさんにお土産を携えてお会いするなど、お仕事抜きで交流を深めました。楽しいひとときを過ごすことができて、Yさんにはいつも感謝しているんです。今はもう彼女は離職されてしまったようですが、この出来事が私のHGVライフを語るうえで欠かせない核のようなものになっています」

めぐりあいを重ねるたびに輝きを増していったHGV体験

また数年前、久しぶりに参加した現地説明会でお会いしたMさんとの思い出も、忘れられない記憶として旅の1ページに刻まれています。

「2ベッドルームで充分満足していたのですが、当時はホクラニ・ワイキキ by ヒルトン・グランド・バケーションズが開業して間もない頃。私達がハワイ島だけでなく必ずオアフ島にも足を延ばすこと、あとわずかでエリートステータスに到達し、ホクラニならその費用が最小限で済むことなどをMさんがとても丁寧に提案してくれ、購入に至りました。Mさんもまた快活な人柄で、今でも親しくさせてもらっていますよ」

今回お話を伺っている間、ご自身は「とても堅物」で「誰とでもすぐに友達になれるような人間ではない」と謙遜されていた裕様ですが、HGVスタッフとの出会いは、次の旅に出かけるモチベーションにもつながっていたご様子です。

他にも、コンシェルジュとして旅の相談やツアーの予約を手厚くフォローしてくれたKさん、見かけたら必ず挨拶を交わすほどに親しくなったというメキシコ出身のRさん、不具合の出た網戸を快くメンテナンスしてくれたスタッフなど、今井様ご夫妻のバケーションライフには、いつもリゾートスタッフが寄り添ってきました。

ステーキを食べたいという問いかけに「パーカー牧場産の牛肉は天下一品!」とすすめてくれたクラブカウンセラーの一言がきっかけで、以来ハワイ島へ出かけるたびに、必ずスーパーマーケットで分厚いステーキを購入し、焼いて頬張るようになったのだとも。

「HGVの魅力は、こうした温かいスタッフ達との出会いにもあると思います」

趣味のゴルフに興じ、カメラで美しい風景を切り取る楽しみ

日頃から月に4〜5回は、近隣のゴルフ場をラウンドするという裕様。奥様、お嬢様もゴルフ好きとあって、ハワイ島を訪れた際はご家族皆様でコースを回られるのが常だと語ります。

「ハワイ島でのおすすめは、なんといってもワイコロア・ビーチ・リゾート・ゴルフですね。ハワイでも有数のチャンピオンシップ・コースとして知られ、キングス・ランドに滞在しているクラブメンバーなら特別割引料金で利用できます。ここには、ワイコロア・キングスコースとワイコロア・ビーチコースの2つがあって、とりわけキングスコースが素晴らしいと思います。マウナケア山が背後に控え、溶岩とグリーンが溶け合う風景がなんともハワイ島らしい。ここをホームコースのようにして、しかも家族でプレーを楽しめるのは贅沢なことです」

趣味のゴルフに興じ、カメラで美しい風景を切り取る楽しみ

また、裕様は、会社員時代から写真撮影も趣味にされてきました。

「かつて勤めていた職場にはカメラ好きが多くて。休日に撮り収めた写真をよく仲間同士で見せ合っていたので、『じゃあ私も!』と始めたのがきっかけです」

最初の愛機は、ニコンの一眼レフカメラ・D200。ぼかし具合を調整する絞り、被写体の動きによって変えられるシャッタースピード機能などを駆使して撮った作品はどれもが味わい深いものばかり。表現豊かな撮影の楽しさに目覚め、近年はよりハイグレードなD750を購入。プロの写真家も愛用する名機を携え、バケーションの間も趣味の写真撮影に興じていらっしゃるそうです。

ちなみにこの写真は、例年5月のメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)にオアフ島・アラモアナビーチで執り行われるランタン・フローティング・セレモニーでのひとコマ。いわゆる、ハワイ灯籠流しの風景です。

暮れなずむ空の下で約7,000個の灯がゆらゆらと波間に揺れる景観は実に厳か。その美しさに見とれ、シャッターチャンスを窺っていた裕様は、水面が膝上に達するほどに奥へ奥へと進んでいたのだとか。気がつけば、半ズボンのポケットに収めていた携帯電話と予備のバッテリーを水没させてしまったそうです。

「この時は、ついつい夢中になってしまい。後から妻にお灸をすえられたのも、今となっては忘れられない思い出です(笑)」

また、こちらの写真もハワイの旅路で撮影された作品の1つ。沈みゆく美しい夕陽のシーンを見事に捉えた素敵な1枚です。

バケーションは、家族との絆を再確認できる貴重な機会

裕様をはじめ、多彩な趣味を持つ今井様ご家族ですが、旅先での食生活面では、お料理を得意とされている弘子様が大活躍! 日本から持参した必要最小限の食材と、現地のスーパーマーケットで調達した新鮮な材料を組み合わせ、日々工夫を凝らしたお料理を振舞ってくださるそう。大好きなワインと共に、弘子様が心を込めて作ったメニューの数々が一家団欒の食卓を彩ります。

また、英会話が堪能で車の運転に長けたお嬢様もまた、今井家のバケーションには欠かせない存在なのだとか。通常のツアーでは見過ごしてしまうようなスポットや、つい立ち入るのを躊躇してしまうような場所にも積極的に出かけ、現地の人々とスマートにコミュニケーションを取ってお2人を案内してくれるのだそうです。

バケーションは、家族との絆を再確認できる貴重な機会

「家内、長女、長男と、バケーションではそれぞれが個性を発揮して頼もしい味方になってくれます。また、長男は結婚して2人の子がいるのですが、孫達と過ごす時間も楽しいものですね。私達夫婦にとってバケーションとは、家族の絆を強くする大切なひとときかもしれません」

お孫様と海外で過ごせるなんて、クラブメンバーになられた当初は考えてもみなかったこと。「あらためて幸せを噛み締めています」と、裕様が笑顔で語ってくださいました。

どこへ行くか、何をするかは、旅の大切な要素ですが、その体験を誰と共有するかもまた重要なポイントの1つ。そこに旅先で出会った人々とのふれあいが加われば、より豊かなバケーションが過ごせるかもしれません。

この記事をシェアする

クラブトラベラーウェブサイトは、クラブメンバー様のバケーションに役立つ情報をお届けしています。
素敵な旅の思い出の投稿やご質問は、こちらからお問い合わせください。

Recommend

Hilton Grand Vacations CLUB TRAVELER Vacation Style by Hilton Grand Vacations