当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

芸術、歴史、ライブエンターテイメントであふれるアメリカの大都市ニューヨーク。2020年のバケーションをエンジョイいただくため、今回は文化体験にフォーカスしたニューヨーク散策をご提案します。

アメリカ東海岸最大の観光都市にして、世界経済の中心地でもあるニューヨークは、グルメ、ファッション、ミュージック、アートシーンなど、世界最先端のトレンドを体感でき、何度訪れても魅力の尽きない街です。深堀りすればするほどに、多彩な表情を見せてくれるニューヨークですが、今回は美術館、劇場や歴史スポットに注目してみました。

ちなみに、アメリカ旅行でメジャーな観光名所を巡る際にとても便利なのが「Go City」と「CityPASS(英語)」です。この2つのサイトでプリペイドカードを購入すれば、それぞれに加盟するアトラクションや施設をディスカウント料金でお得に利用できます。(取り扱い都市やディスカウント内容は、それぞれの公式サイトでご確認ください)

また、「バイ・ヒルトン・クラブ」のリゾートのオーナー様は、限定特典プログラム「エレベーテッド・リワード」をぜひご活用ください。エレベーテッド・リワード・カードを、下記にご紹介する美術館や博物館、その他の加盟レストランやバー、スパ、ショップなどで提示すれば、割引や特典が受けられます。(エレベーテッド・リワード・カードは、ニューヨークおよびワシントンD.C.のヒルトン・クラブ・エレベーテッド・リワード・デスクで差し上げています)

アート

アート

昨秋、大規模なリニューアル工事を終えたばかりの「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」は、現代美術シーンを知るうえで外せないアートの殿堂です。描かれた当時は前衛とされ、現代美術に多大な影響を与えたゴッホのようなポスト印象派の絵画作品から、建築、商業デザイン、写真など、約20万点におよぶあらゆる形態の芸術作品が収蔵されています。刺激的なコレクションや興味深い企画展に加え、年間を通して映画の上映やライブパフォーマンスも楽しめます。

マンハッタンのアッパー・イースト・サイドに位置する「ソロモン・R・グッケンハイム美術館(英語)」も、ニューヨークでは必見の美術館です。建築家フランク・ロイド・ライトが20世紀半ばに設計したこの建物のメインコンセプトは、入場者をまずエレベーターで最上階へと送り、ゆっくりと降りながら作品を鑑賞してもらうこと。そのためにロイド・ライトは、螺旋状のスロープで円筒を形づくりました。建物そのものが芸術作品として評価され、「かたつむりの殻」と親しみを込めて呼ばれています。2008年に連邦政府からアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されました。

展示は、アメリカの鉱山王であったソロモン・R・グッケンハイムが収集した抽象画とシュールレアリズムのコレクションをベースに、印象派、ポスト印象派、ミニマリズム、ポストミニマリズム、コンセプチュアル・アートといった近現代の作品が主体です。前述のニューヨーク現代美術館と共に、現代美術の発展・普及に大きな役割を果たしてきました。

劇場

劇場

リンカーンセンター(英語)」は、メトロポリタン歌劇場をはじめ、ニューヨーク・フィルハーモニックの本拠地として知られるディヴィッド・ゲフィン・ホール、ニューヨーク・シティ・バレエ団の活動拠点であるディヴィッド・H・コーク・シアターなど、各種エンターテイメントの一大集積地オペラ、オーケストラ、ダンス、演劇と、あらゆるジャンルの舞台芸術を楽しめます。

他にも、敷地内にはジュリアード音楽院を筆頭に、舞台芸術専門の教育機関と市立図書館など、計11の芸術団体などが点在し、敷地内にいくつかある広場の芝生や池、ベンチでは訪れた人々がくつろいでいます。時には、ジュリアードの学生が奏でるピアノの演奏が聞こえてきたり、パフォーマー達のダンスを目にしたり。散策するだけでも楽しいエンターテイメントの宝箱です。

1903年に開館した「ニューアムステルダム劇場(英語)」は、ブロードウェイで現役営業している劇場では一番古い老舗シアター。『ライオンキング』や『アラジン』など、ディズニーの名作ミュージカルを楽しめることはもちろん、100年余り前に建てられたこの劇場内のあちこちをガイドが案内してくれるツアーや、ブロードウェイ一帯を回るツアーなどもあります。ここでミュージカルの全てを学んでみてはいかがですか。

歴史

歴史

セントラルパーク・ウエストに立つ「ニューヨーク歴史協会(英語)」は、1804年に設立された博物館。アメリカ独立戦争やニューヨーク州の歴史に関連する工芸品や美術作品が展示されています。1、2階には、ニューヨークの歴史と文化を短編映画によって紹介する劇場、特別展、図書館、レストランなどがあり、4階では家具や食器といった生活芸術を展示する常設展が開放されています。ニューヨークにちなんだ遊び心あふれる雑貨が並ぶスーベニアショップも必見。お土産探しにもぴったりです。

アメリカ自然史博物館(英語)」の設立は1869年。 人類とその進化、多様な野生生物、さらには地球の成り立ちや宇宙の歴史にいたるまで、子どもから大人まで誰もが楽しく学べる場所として多くの人々から親しまれています。

約3,200万点の標本や文化的遺物を収蔵する館内は、世界で1、2を競う屈指のスケール。映画『ナイトミュージアム』の舞台としても有名で、目玉となる巨大な恐竜の実物大骨格展示(レプリカ)や、コレクション収集に寄与したセオドア・ルーズベルト大統領の像など、スクリーンで観た光景がほうぼうに広がっています。

ニューヨーク観光の滞在拠点は、クラブリゾートを

マンハッタンで文化体験をするなら、おすすめしたいクラブリゾートが3つあります。どれも、カルチャーの中心地に近いとても便利な立地ですよ。

 ウエスト57ストリート・バイ・ヒルトン・クラブ
ニューヨークで初のクラブリゾートとして開発されたこの施設は、「リンカーンセンター」や「カーネギーホール」などの文化名所に囲まれた抜群のロケーション。ミッドタウンのプラザ・ディストリクトに位置し、市民の憩いの場「セントラルパーク」まで徒歩圏内という好立地です。

ザ・レジデンス・バイ・ヒルトン・クラブ
セントラル・パークを見下ろすニューヨーク・ヒルトン・ミッドタウン内に立地しているザ・レジデンス。高級ホテルと共有の快適な設備を享受しつつ、クラブリゾートのやすらぎをお楽しみください。そして昼間は、マンハッタンが誇る有名スポットへ徒歩でGO!

ザ・クイン・セントラル・パーク・バイ・ヒルトン・クラブ
ニューヨークで4番目のクラブリゾートとなるこの施設は、かつて偉大な芸術家達がこぞって滞在していた名門ホテルをベースに造られたもの。それ自体がニューヨークの文化的遺産であり、快適でラグジュアリーな滞在をお約束します。※2020年オープン予定。

この記事をシェアする

クラブトラベラーウェブサイトは、クラブメンバー様のバケーションに役立つ情報をお届けしています。
素敵な旅の思い出の投稿やご質問は、こちらからお問い合わせください。

Recommend

Hilton Grand Vacations CLUB TRAVELER Vacation Style by Hilton Grand Vacations