当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

まだしばらく外国への旅行は難しいかもしれませんが、身近にも素敵な旅先はたくさんあります。これをチャンスに日本のよさを実感してみませんか。国内旅行は経済回復の応援にもなります。今回は、国内の魅力的なバケーションモデルコースを2つご提案します。

魅惑の京都

魅惑の京都

夏の貴船の清流や秋の嵐山の紅葉など四季折々の美景だけでなく、17のユネスコ世界遺産がある風情豊かな街、京都。その歴史と伝統は、常に新たな感動を呼び起こしてくれます。

まず目指したいのは嵯峨嵐山の「天龍寺」。1972年に世界遺産に登録されました。室町幕府を開いた足利尊氏が、敵だった後醍醐天皇の菩提を弔うため1339年に開いた臨済宗のお寺です。度重なる火災に見舞われましたが、1585年に豊臣秀吉の援助で復興されました。有名な曹源池庭園(そうげんちていえん)は、中央にある池を巡る回遊式で、庭園内の樹木だけでなく、大堰川を隔てた嵐山や西方の亀山を背景とした秋の紅葉の美しさは有名です。造りがゆったりとしているためか、混雑時でも比較的、快適に回ることができます。

次に行きたいのは、1200年以上の歴史があり古くから庶民に人気の高い「清水寺」です。ここは1994年に世界遺産に登録されました。その始まりは、奈良で修行を積んだ僧の霊夢。白衣の翁に「北へ清泉を求めて行け」と夢でお告げを受けた僧は、京都の東、音羽山で清らかな水が流れ出て滝となっている場所を見つけ、ここにお寺を建てました。それが清水寺です。境内は13万㎡。音羽山の中腹に広がっています。国宝と重要文化財を含む30以上の伽藍や碑が建ち並び、音羽の滝はパワースポットとしても知られています。よく言われる「清水の舞台から飛び降りる」は、音羽山の急峻な崖に建築された本堂から張り出した舞台の高さを例えたもの。約13メートル、4階建てのビルに相当するそうです。春、夏、秋の年3回、時期を区切って夜間の参拝も受け付けていますので、ここから京都の夜景を楽しむこともできます。

お腹がすいたら、ちょっと足を延ばして、約400年の歴史を持つ懐石料理の老舗「瓢亭」に行ってみてはいかがでしょうか。ここでは本格的な茶懐石のコース(昼食20,000円~、夕食25,000円~、要予約)を提供しています。有名店の味をリーズナブルに味わいたいのなら、懐石料理をコンパクトにした松花堂弁当(4,000円)がおすすめです。

  • 京都植物園
  • 竹林の小径
  • 伏見稲荷大社

午後はリラックスできるひとときを過ごしましょう。日本で最初の公立植物園として1924年にオープンした「京都植物園」を散策してください。鴨川沿いに広がる24万㎡の広大な敷地に約12,000種の植物が植えられており、春夏秋冬それぞれの季節ごとに見頃の植物が華麗な姿を見せてくれますが、おすすめの季節は何と言っても秋。赤、黄、茶色の壮大なパレットが眼前に広がります。

ところで、緑豊かな竹林を最後に散歩したのはいつですか? それとも見たことはない? そんな方はぜひ、世界で最も美しい細道の1つと言われる「竹林の小径」へどうぞ。約400メートルにわたって清々しい青竹が続く嵐山の名所です。初冬には径の両側がライトアップされ、幻想的な雰囲気を味わえますし、暑い夏には、空をおおうほどの竹に囲まれて涼むことができます。森林浴ならぬ竹林浴をぜひ。

日本各地にあるお稲荷様の総本山「伏見稲荷大社」も外せない見所です。開山は奈良時代の711年と伝えられるとても古い神社で、さまざまな歴史のある行事がほぼ毎月のように行われています。7月の本宮祭では、分霊を祀る全国の信者が参拝し、宵宮には境内の全域に散在する石灯篭や数千の献納提灯に灯を点す万灯神事が行われます。8~9月はお祭りはありませんが、10月には裏千家家元が奉仕する献茶の儀や稲を収穫する抜穂祭などが予定されています。写真撮影が大好きな方にもここはおすすめのスポット。鮮やかな朱色の鳥居が作るトンネルはフォトジェニックで大人気です。大切な人と思い出に残る写真を撮ってください。

嵐山周辺は、実は温泉でも知られています。竹林から徒歩30分足らずのところにある「さが野温泉天山の湯」や「風風の湯」で、1日歩いた後の快く疲れた体を癒やすのも悪くありません。

※安全確保のために施設の営業時間などが制限されている場合がありますので、ご利用の前に必ず公式HPをご確認ください。

比叡山を借景に、洛北・宝ヶ池のほとりに佇むグランドプリンスホテル京都は、日本建築界の巨匠村野藤吾氏によって設計されました。四季折々の美しさに彩られた庭園と京都の風情を織り込んだおもてなしの心で、お客様をお迎えしています。敷地内に建つ数寄屋造りの大型茶室「茶寮」で、裏千家出入りの店として名高い「辻留」の懐石料理を味わうのも乙なもの。和食レストラン「宝ヶ池」では季節の素材を生かした伝統的な京の和食に料理長が腕をふるいます。嵐山の自然に抱かれたホテル周辺は、早朝のウォーキングやジョギングにお出かけになるお客様にも好評です。ご自分の別荘でくつろぐように、ゆったりした時間をお過ごしください。

グランドプリンスホテル京都  (#RE19 & #RE20)
必要ポイント数:約1,190 – 約1,680 ポイント(3泊 / 4泊単位)
JR東京駅から東海道新幹線で京都駅へ
地下鉄烏丸線国際会館駅下車、徒歩10分

※グランドプリンスホテル京都では、従業員の衛生体制の強化、頻繁な清掃、飛沫防止スクリーンの設置など、安全対策を実施しています。

那須高原で野生と温泉を満喫

那須高原で野生と温泉を満喫

都会の喧騒から離れて、那須高原で動物に癒される休日を過ごしてみませんか。那須の露天風呂から見る鮮やかな紅葉も、きっと素敵な思い出になります。

那須は東京から約180km離れた観光と農林業の町。リゾート地として人気があり、皇室の御用邸があることでも知られています。明治以降に開発が進んだためか、農場型の観光施設がたくさんあります。

その中でまず訪ねたいのが「那須どうぶつ王国」。約150種600匹以上の動物が東京ドーム10個分に近いおよそ43万㎡の空間で暮らす動物園です。カピバラやレッサーパンダなどのかわいい小型動物と出会い、遊ぶことができる他、ペンギンやアザラシのショーを見られます。車ですぐのところには、日本初で最大のアルパカ農場「那須アルパカ牧場」があり、今なら毎年恒例初夏の毛刈りを終えたばかりの『涼しい』姿のアルパカ約260頭が皆様をお迎えしてくれるでしょう

ライオンやキリンなどアフリカにいる大型の動物が見たい!という方は「那須サファリパーク」へ。約70種700頭/羽の動物や鳥類が放し飼いで暮らす空間を、サファリバスやマイカーで回りましょう。ワイルドな動物が大好きな人にはうってつけの場所です。

動物との触れ合いをたっぷりと楽しんだら、次は那須どうぶつ王国から車で30分ほどのところにある「那須ハイランドパーク」へ行ってみませんか。ここには10のジェットコースターを含む40以上のアトラクションがあり、円形のボートに乗って川を下るリバーアドベンチャーや、大迫力の3D映像とサウンドで、すぐそこに恐竜がいるかのような体験ができるディノサファリなど、ご家族一緒に楽しめるアトラクションも、たくさん用意されています。

アクティビティの後は、絵のように美しい「那須温泉」にぜひ足を運んでください。那須町の北西部にそびえる茶臼岳は栃木県唯一の活火山で、今も白い煙を上げながら広大な山麓一帯に豊富な温泉を自然湧出させています。高原の風を肌に感じながらゆったりとお湯に浸かるのは最高。那須連山の壮大なパノラマビューをお湯の中から楽しんでください。

※安全確保のために施設の営業時間などが制限されている場合がありますので、ご利用の前に必ず公式HPをご確認ください。

那須高原の厳しく雄大な自然の中に建ち並ぶ白を基調とした北欧風コテージ。広々とした客室は2ベッドルームで、2歳以下のお子様は無料です。ご家族やご友人と一緒に羽を伸ばし、暖炉を囲んでお食事やおしゃべりを楽しんでください。リゾートには露天風呂があります。また、宿泊者様には那須ハイランドパークの無料入園券を差し上げています。

那須高原TOWA PURE COTTAGES  (#SF/SG30)
必要ポイント数:約1,680 – 約3,360  ポイント(3泊 / 4泊単位)
東京駅からリゾートまで車で約2時間30分

※那須高原TOWA PURE COTTAGESでは、従業員の体温チェックやアルコール消毒の設置、レストランの席数を減らしてテーブル間の距離をとるなどの安全対策を行っています。


※ご利用条件: 
このオファーには制限があります。目的地と旅行期間は空き状況によって異なり、ご予約は先着順です。新型コロナウイルスの影響によりリゾートは一時的に閉鎖する可能性があります。オールインクルーシブリゾートでは、義務手数料が発生する場合があります。税金、追加料金、手数料が発生する場合があります。その他の制限事項が適用される場合があります。RCIおよび関連マークは、米国および国際商標および/または登録商標です。全著作権所有。 

この記事をシェアする

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。ご応募やご質問はfeedback@clubtravelerjapan.comまでご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。

Recommend

Hilton Grand Vacations CLUB TRAVELER Vacation Style by Hilton Grand Vacations