当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

オアフ島にある5つのクラブリゾートを徹底解説。バケーションの拠点選びでお悩みのメンバー様に向け、それぞれの特色や違いを比較しながら、あらためて各リゾートの魅力をご紹介します。

2022年夏にリリースし、たくさんのアクセスをいただいた「ご自身のスタイルで選ぶハワイ島の4リゾート」。今回は舞台をオアフ島に移し、メンバー様それぞれのリゾートライフや滞在目的に照らしてリゾート選びのご参考にしていただけそうなポイントをピックアップしました。また、施設の特徴だけでなく「リゾート別、各種設備のご利用・比較対照リスト」もご用意。さっそく、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内の4リゾートと、ワイキキの1リゾートへとご案内しましょう。

ラグーンタワー・ヒルトングランドバケーションズクラブ

ラグーンタワー・ヒルトングランドバケーションズクラブ

オアフ島にある5つのクラブリゾートのうち、4つの施設は広大なヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地内に置かれています。そして、これらの中でもっとも古い歴史を持つのがラグーンタワー・ヒルトングランドバケーションズクラブです。

最初に建てられたクラブリゾートとはいえ、古さは全く感じられません。2022年に大規模なリノベーションが完了し、公共スペースやお部屋の内装を一新! もともと人気の高いリゾートでしたが、既にご滞在されたメンバー様からも早速喜びの声が寄せられています。

また、多くのメンバー様から好評を得ている理由は、なんといってもその立地。リゾート名からもお分かりの通り、デューク・カハナモク・ラグーンの目と鼻の先に立ち、ビレッジ内のリゾートで唯一海を正面から眺めることのできるオーシャンフロントビューのお部屋(2ベッドルーム・プレミア)があります。

そこからの眺めは「群を抜いて素晴らしい!」との呼び声も高く、一度は泊まってみたい部屋の一つに数えられています。お部屋が全体的にゆったりとした造りなうえ、部屋タイプが豊富な点も人気の秘密。スタジオから1〜3ベッドルームまでを用意し、2名様から8名様の大家族まで、さまざまな旅のスタイルに対応しています。

ビレッジの最奥部に位置し、ゆったりのんびりと過ごしたい派にとっては最高のロケーションかもしれません。南国ムードたっぷりのビレッジ内をあますところなく散策できるのも魅力です。

グランドワイキキアン・ヒルトングランドバケーションズクラブ

グランドワイキキアン・ヒルトングランドバケーションズクラブ

グランドワイキキアン・ヒルトングランドバケーションズクラブは、このビレッジで2番目に完成したクラブリゾート。ラグーンタワー同様、2022年の夏にフルリノベーションを終え、お部屋はもちろん8階にあるメンバー様専用のラウンジ(無料)といった施設も、より居心地のいい快適空間へと生まれ変わりました。

写真のロビーも、かつての趣を残しながら装飾やしつらえを一新しました。

なお、こちらのリゾートは、アラモアナセンター寄りに立っているため、歩いてお買い物に行けるほど便利。スライダー付きのプールやラグーンに近く、お部屋に洗濯機や乾燥機が備え付けられているので、小さいお子様を同伴されるファミリーに人気です。

2ベッドルーム・ペントハウス
2ベッドルーム・ペントハウス

お部屋タイプは1〜3ベッドルーム。一部の2ベッドルームと全3ベッドルームはペントハウス仕様となっているので、ちょっと贅沢なバケーションをお求めのメンバー様にもおすすめのリゾートです。

カリアスイーツ・ヒルトングランドバケーションズクラブ

カリアスイーツ・ヒルトングランドバケーションズクラブ

一方、スタジオと1ベッドルームで構成されるカリアスイーツ・ヒルトングランドバケーションズクラブは、旅慣れたご夫婦やカップルでのご滞在、少人数のバケーションに最適なリゾートかもしれません。

立地は、海から最も遠いカリアロード沿いにありながら、いずれのお部屋も12階以上の高層階に設けられ、オーシャンビューのお部屋(1ベッドルーム・プラス)のバルコニーからは青い海を眺めることができます。シティーまたはマウンテンビュー(1ベッドルーム)のお部屋であっても大丈夫。想像以上の開放感が確保されています。

ご利用ポイント数が比較的お得なため、あえてこちらのお部屋に足しげく通われているメンバー様もいらっしゃるようです。

ハワイにいることを感じさせてくれる落ち着いた館内の雰囲気もまた、カリアスイーツならでは。

4階にある無料のフィットネスセンター、18歳以上が利用できるプールやジャグジー、サンデッキがあり、大人の旅にふさわしいリゾートです。

ザ・グランドアイランダー・ヒルトングランドバケーションズクラブ

ザ・グランドアイランダー・ヒルトングランドバケーションズクラブ

2017年にオープンしたビレッジ内で最も新しいクラブリゾートが、ザ・グランドアイランダー・ヒルトングランドバケーションズクラブです。

2ベッドルーム・ペントハウス・プレミア
2ベッドルーム・ペントハウス・プレミア

モダンで洗練されたインテリアや、高性能な家電を備えたフルキッチンなど、最新リゾートゆえの充実した設備が長期滞在にぴったり。お部屋タイプは1ベッドルームから3ベッドルームまで。地上38階建てのタワーのうち、最上階5フロアがペントハウスとなっており、2ベッドルームの一部と3ベッドルームがこれに含まれます。

シックなインテリアでまとめられたラウンジ
シックなインテリアでまとめられたラウンジ

特筆すべきポイントは、ビレッジ内で一番ワイキキ中心部へ近い点。トロリーバスの停留所が徒歩圏内にあり、どこへ出かけるにも便利なロケーションが大きな特徴です。ハワイ旅行をアクティブに過ごしたい方々におすすめのリゾートといえるでしょう。

また、ザ・グランドアイランダーにご滞在のゲスト専用ラウンジやプールが用意されていることも見逃せません。アクティブ派のみならず、ゆったり型のバケーションをお望みのメンバー様も、期待以上の満足度が得られるはずです。

ホクラニワイキキ・ヒルトングランドバケーションズクラブ

ホクラニワイキキ・ヒルトングランドバケーションズクラブ

オアフ島のクラブリゾートで唯一ビレッジの外にあるホクラニワイキキ・ヒルトングランドバケーションズクラブは、ワイキキ・ビーチ・ウォークの最北端に位置する都市型リゾートです。活気あふれるワイキキ界隈のグルメやショッピングスポットへ容易にアクセスでき、オアフ島観光をとことん楽しみたい方には最適なロケーション。利便性の高さが多くのメンバー様を魅了し続けています。

もちろんリゾートとしての快適性にも定評があります。

お部屋は、全フロアに位置する1ベッドルーム・プラスと12階以上の高層階に位置する1ベッドルーム・プレミアのみですが、ふかふかのベッドとゆったりとしたバスタブ付きのバスルームは、旅の疲れを癒す最高の滞在拠点に。

ゲスト専用の屋上デッキ、ナ・ラニ・スカイラウンジには、ダイナミックな景観を楽しめるプランジプールラウンジ、バー、プライベートカバナが設置され、ゴージャスなひとときを味わわせてくれるでしょう。

また、この屋上デッキでは早朝のヨガやレイメイキングの教室、ムービーナイトといったアクティビティも催され、訪れるメンバー様を飽きさせない工夫が随所に施されています。

リゾート別、各種設備のご利用・比較対照リスト

それぞれのリゾートにご滞在された際、ご利用できる各種設備の情報を一覧にしました。ご自身のバケーションスタイルに照らし、リゾート選びのご参考にしてください。

各リゾートにご滞在時の駐車場料金 (2023年1月時点)
ラグーンタワー
グランドワイキキアン
カリアスイーツ
ザ・グランドアイランダー
【ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの駐車場】
セルフパーキング:$62+税/泊
バレーパーキング:$72+税/泊
(※金額は変動する可能性があります)
ホクラニワイキキ バレーパーキング:$30+税/泊(2台目~ $40+税/泊)
(※セルフパーキングはありません)
(※金額は変動する可能性があります)
プールへのアクセス権(滞在先) ビレッジのプール ザ・グランドアイランダーのプール ホクラニワイキキ のプール
ラグーンタワー × ×
グランドワイキキアン × ×
カリアスイーツ × ×
ザ・グランドアイランダー ×
ホクラニワイキキ × ×
洗濯機・乾燥機について
(滞在先)
お部屋内に設置 共用ランドリールーム
ラグーンタワー ×
グランドワイキキアン ×
カリアスイーツ ×
ザ・グランドアイランダー ×
ホクラニワイキキ ×

バケーションに出かけられる人数や、どのような旅をイメージされているかによって、ご自身に最適なリゾートが見えてくるはずです。ぜひ、今後のリゾート選びの参考として、この記事をクリップしておいてください。

この記事をシェアする

クラブトラベラーウェブサイトは、クラブメンバー様のバケーションに役立つ情報をお届けしています。
素敵な旅の思い出の投稿やご質問は、こちらからお問い合わせください。

Recommend

Hilton Grand Vacations CLUB TRAVELER