当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

日本列島でもっとも早く桜の花が開花する沖縄。しかも、その沖縄でもっとも早く桜を楽しめるのが、ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブがある本部町です。

ご存知ですか? 沖縄の桜前線は北から南へ進みます

日本一早く桜が見頃を迎える沖縄。しかも不思議なことに、沖縄の桜は北部から南部へ、標高の高い山頂から麓へと開花エリアを伸ばしていきます。

これは、桜が単に暖かさのみでは開花しない特性を持っているからなのだとか。桜が花開くメカニズムは、前年に花芽をつけて休眠し、秋から冬にかけて低温にさらされることで開花への準備を整え、春の気温の上昇と共に花芽が成長して花になるといわれています。つまり、沖縄のように1年を通して温暖な土地では、平地の桜よりも北風が吹きつける北部や山頂付近にある桜の方が十分な寒さをいち早く経験でき、平地に比べて山間の方が休眠から目覚めるタイミングが早くなるというしくみです。沖縄で「桜は山から下りてくる」といわれる理由がここにあります。

そんな沖縄本島で、もっとも早く桜の風景を楽しめる場所の1つが、標高約453メートルの八重岳です。

ご存知ですか? 沖縄の桜前線は北から南へ進みます

いち早くお花見を楽しめる本部町・八重岳の桜イベントへ

沖縄本島で与那覇岳に次いで2番目に高い八重岳は、ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブがある国頭郡本部町の東方に位置し、古くから桜の名所として親しまれてきました。そして、例年1月中旬から2月上旬にかけて「ひとあし、お咲きに」というキャッチフレーズのもと「もとぶ八重岳桜まつり」が開催されています。

八重岳一帯では約7,000本のリュウキュウカンヒザクラが咲き、麓から頂上に向かうおよそ4kmの通り沿いに桜の並木道を形成します。

本部町企画商工観光課の宮城修平さんにお話を伺ったところ、昨年の1月にも満開の桜が訪れる人たちの目を楽しませてくれたようです。

「昨年はコロナ禍のため、ステージイベントを縮少し、出店や飲食を伴う行事は取り止め、感染症対策を徹底しながら開催しました」

宮城さんによれば、お祭りのメイン会場となる八重岳桜の森公園には休憩施設やトイレに加えて、駐車場(無料で約500台収容)も設けられているとのこと。車を使えばクラブリゾートから15分ほどの距離にあるので、気軽に出かけてみてはいかがでしょう。

「2022年も昨年同様のドライブスルー方式で1月半ばから開催予定です。昨秋はやや暖かい日が続いて、いわゆる季節外れの返り咲きの現象が起きました。本来の開花時期であるお祭りの期間中に影響が出ないか少し心配していますが、それでも、日本でもっとも早いお花見が楽しめると思います。周囲の原生林の緑と、リュウキュウカンヒザクラの緋色のコントラストを、ぜひ体験してください」

ソメイヨシノとはまた違った趣のある、濃いピンク色の花が咲く桜の並木は、頭上を仰げば手が届きそうなほど間近にみられるのがうれしいポイント。アーチ状にしなった桜のトンネルをゆったりと散策してみるのも一興です。

いち早くお花見を楽しめる本部町・八重岳の桜イベントへ

【第44回 もとぶ八重岳桜まつり】
開催:2022年1月中旬〜2月上旬
※詳しい開催日時は本部町公式ウェブサイトにてご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染状況により中止となる場合もあります。
会場:八重岳桜の森公園
入場:無料(駐車場のご利用も無料です)
※開催初日のみステージイベント開催。検温、手指消毒、客席間のディスタンス確保など、新型コロナ感染症対策を行いますので、ご協力をお願いします。

この記事をシェアする

クラブトラベラーウェブサイトは、クラブメンバー様のバケーションに役立つ情報をお届けしています。
素敵な旅の思い出の投稿やご質問は、こちらからお問い合わせください。

Recommend

Hilton Grand Vacations CLUB TRAVELER Vacation Style by Hilton Grand Vacations