Hilton Grand Vacations Vacation Style by Hilton Grand Vacations

当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

「旅」の愉楽を求めるすべてのクラブメンバー様へ

「旅」の愉楽を求める
すべてのクラブメンバー様へ

オアフ島のワイキキとダウンタウンで自転車を借りられるバイクシェアの新サービス、Biki Bike。その利用法はいたって簡単。水色の自転車に乗って、ハワイの風を感じてみませんか。

最近、ホノルル界隈では何台もの鮮やかな水色の自転車が走っているのをたびたび見かけます。

その名はBiki Bike。2017年6月からワイキキとダウンタウンで運用が始まった自転車シェアリング・サービスです。健康的で環境にやさしいという特性を持ち、車のようにガソリン代や駐車料金が不要で渋滞とも無縁。そうした利便性と気軽さから、サービス開始後まだ1年あまりにもかかわらず、いまやホノルル市民だけでなく観光客からも広く親しまれています。

共有して使う、Biki Bikeの利用方法

Biki Bikeは、一般的なレンタルサイクルとは使い方や利用方法が異なります。どちらかというと、街に駐輪してある自転車をみんなで共有して使うといったイメージ。ワイキキやダウンタウンに約100ヶ所の「Bikiストップ」と呼ばれる駐輪場が設けられ、約1,000台の自転車が各所に停められています。そのBikiストップ間の移動に使うのがもっともおすすめのご利用方法です。

共有して使う、Biki Bikeの利用方法

例えば、クラブメンバー様が滞在するヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートから、ワイキキへ出かける場合の活用例をご紹介しましょう。

まずは近隣にあるBikiストップで自転車を借ります。リゾートから一番近いところでは、アリイタワーとハレ・コア・ホテルの間にBikiストップがあります。目的地へ移動したら、近くのBikiストップに返却。買い物や食事を楽しんだ後、ふたたび自転車でリゾートへ戻りたいと思ったら、あらためてBikiストップで貸出の手続きを済ませばOK。思いがけず荷物が増えたり、街歩きに疲れたら、帰りはバスやタクシーを選択することができるのも利点の1つです。
ただし、自転車自体に鍵は付いていないので、移動の途中でどこかに長時間立ち寄ったり、Bikiストップ以外の場所に駐輪しておくことはできません。1回の利用でいくつもの観光名所を訪ね歩くといった使い方には適さないので、どうぞご注意を。

ご利用時の手続きもいたって簡単です。Biki Bikeに乗りたいと思ったら、まずは最寄りのBikiストップを探しましょう。タッチパネル画面から日本語を選択し、購入したい料金プランを選びます。旅行者にとって使いやすいのは、1回30分以内のシングルライドか、時間内は何度でも乗り降りできる300分のフリースピリットパスです。1度しか使わないのであればシングルライド、滞在中に何度も利用する予定があればフリースピリットパスがおすすめです。なお、ご利用の際は、Biki Bike専用のモバイルアプリをダウンロードしておくととても便利です。Bikiストップの位置情報や、それぞれのBikiストップに残っている自転車の台数、返却可能なドッグの数をオンタイムで知ることができます。
料金:シングルライド $3.50(30分利用可・1回限り)、フリースピリットパス $20(300分利用可・10年間有効)
※ご購入はクレジットカードまたはデビットカードのみ

 

クラブメンバー様におすすめ、ハワイを感じられる3ルート

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート内のグランド・ワイキキアン™・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ ラグーンタワー・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ に滞在するクラブメンバー様におすすめのルートは3つあります。

 

1つめはアラモアナ・ビーチ・パークの自転車専用道路。美しい海の景色を眺めながらサイクリングを楽しんだら、アラモアナ・ショッピングセンター近くで自転車を返却。そのまま買い物を楽しむこともできます。

Yi-Chen Chiang / Shutterstock.com
Yi-Chen Chiang / Shutterstock.com

2つめはカラカウア通りをカピオラニ公園へと向かうルートです。高級ブランドが立ち並ぶこの界隈はウィンドウショッピングにぴったり。やがて南へ行くにつれ、ワイキキビーチ沿いの美しい景色が見えてきます。

3つめはダウンタウンにあるハワイ州政府ビル、イオラニ宮殿、カメハメハ像などが点在する行政エリアへのルート。ビーチとはちょっと違ったハワイの雰囲気を楽しめるかもしれません。また、もう少し遠くへ行きたければ、チャイナタウンまで足を延ばしてみるのも一興です。

Jeff Whyte / Shutterstock.com
Jeff Whyte / Shutterstock.com

「利用する際には交通ルールを守って、アロハの心と笑顔を忘れずに楽しんでください」と語ってくれたのは、Biki Bike でCEOを務めるロリ・マッカーニーさん。

「このサービスを利用できるのは16歳以上。ワイキキやダウンタウンでは歩道を走行することができませんので、くれぐれもお気をつけください。また、2列走行は大変危険です。移動は自転車専用レーンを使うか、クルマの進行方向と同じように車道の右側を走り、1列で走行をしましょう。ヘルメットの装着は義務ではありませんが、私達は安全のために着用をおすすめしています」

移動の手段として便利なだけでなく、海風に吹かれながら程よいスピードで街を駆け抜けるのは楽しいもの。ハワイを訪れたのなら、ぜひ話題のこのサービスを利用してみませんか?

なお8月には、レストラン利用時にBiki Bikeの利用者限定でドリンクや食べ物がディスカウントになるお得なプロモーションが予定されています。参加店舗は決まり次第ソーシャルメディアで発信されますので、フォローしてみてはいかがですか? その他のお得な情報も随時提供されています。

詳しい利用方法やアプリのダウンロードは、Biki Bikeのウェブサイトへアクセスを。

Biki Bike
ウェブサイト:gobiki.org/japanese

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。ご応募やご質問はfeedback@clubtravelerjapan.comまでご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。

Recommend