当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

世界最大級のテーマパークがひしめく夢の都市、オーランド。日本からの直行便がなく国際線の乗り継ぎが必要なため、なかなか次の行き先として決め手に欠けていた方も多かったと思いますが、シカゴ経由のフライトを利用すればグッと身近になります!

ヒルトン・グランド・バケーションズの本社があり、大小いくつものテーマパークがひしめく米国最大の観光都市オーランド。ここには、ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ・アット・タスカニー・ビレッジをはじめ、それぞれに魅力的な4つのクラブリゾートが点在し、ウォルト・ディズニー・ワールド、ユニバーサル・オーランド・リゾートなど、テーマパーク三昧の日々を楽しみにやってくるクラブメンバー様にとってスケールの大きなバケーションを過ごせる都市型リゾート地です。

何日いても飽きるということがないオーランドでの滞在は大人気。 それでも時折「日本からの直行便がなく移動が面倒」という声をお聞きします。

そこで今回は、日本からオーランドへ向かう際に便利な「シカゴ経由の空の旅」をご案内しましょう。

日本航空の成田-シカゴ線が、ただいま週14便に増便中

日本航空の成田-シカゴ線が、ただいま週14便に増便中

残念ながら日本からオーランドへの直行便はありません。そのため、アメリカ国内にあるどこかの空港で飛行機を乗り継ぎ、オーランド国際空港へと至るルートを取ることになります。

そこでおすすめしたいのは、日本からのフライト数が比較的多いシカゴ経由です。日本航空は、2019年9月3日までの間、成田-シカゴ線の週7便を週11便に増便中です。さらに、同じアライアンスのワンワールドに加盟し、共同事業を行うアメリカン航空とのコードシェア便3便を含めると週14便にもなります。

そして、シカゴからオーランドまでの国内線は、アメリカン航空が週27便ほど。他にユナイテッド航空、スピリット航空、フロンティア航空の3社が就航しており、週60余りの便から最適なフライトを選ぶことができます。

例えば、週7日運航している日本航空のJL010を利用するなら、成田を午前に出発し、シカゴ着は同日の朝です。

一方、米国到着後の国内線は、アメリカン航空のシカゴ発オーランド便が週7日運航で、午前・午後共に多くの便が運航しています。シカゴからオーランドまでのフライト時間は3時間弱ですので、明るいうちに現地に到着し、余裕を持ってホテルへ移動することもできます。

日本航空 成田発シカゴ着 フライトスケジュール

運行 便名 出発 到着
毎日 JL010 午前10:50 午前8:50
火・金・日 JL7010 午後6:05 午後4:25 ※アメリカン航空とのコードシェア便
月・水・土・日 JL8056 午後6:20 午後4:20

日本航空 シカゴ発成田着 フライトスケジュール

運行 便名 出発 到着
毎日 JL009 午後0:05 翌午後3:00
火・金・日 JL8055 午後1:00 翌午後3:55
月・水・土・日 JL7009 午後1:05 翌午後3:55 ※アメリカン航空とのコードシェア便

※8月1日現在のフライトスケジュールです。時期によって変更されることがありますので、成田—シカゴ線についての詳細は日本航空へ、米国国内線については各航空会社へお問い合わせください。

シカゴ経由をおすすめしたい「もう1つの理由」とは?

アメリカ国内であれば、ほとんどの空港からオーランド国際空港へと向かう国内線が用意されています。「それなら、日本から近い(飛行時間が短い)西海岸の空港への直行便を選んだほうがいいのでは?」という方がいらっしゃるかもしれません。

でも、飛行時間が短いのは、必ずしもよいこととは限りません。例えば、成田からサンフランシスコまではおよそ9時間30分の旅。通常エアラインでは、離陸後に安定した高度へ達してから機内食がふるまわれます。つまり食事をした後に眠り、到着前に朝食をとる時間も考えると、実際に眠れるのは5~6時間程度と短めです。慌ただしい移動を避けるのなら、飛行時間はむしろ12時間から13時間位が望ましいでしょう。

日本航空の成田-シカゴ線であれば、飛行時間はちょうど12時間程度。機内でぐっすりと眠り、シカゴ・オヘア国際空港に到着した後の入国審査にも心にゆとりを持って臨めそうですね。

シカゴ経由をおすすめしたい「もう1つの理由」とは?
シカゴ・オヘア国際空港

シカゴなら、新しいクラブリゾートに滞在する楽しみも

シカゴなら、新しいクラブリゾートに滞在する楽しみも

シカゴには、今年6月にオープンしたばかりのクラブリゾート「ヒルトン・グランド・バケーションズ・シカゴ・ダウンタウン/マグニフィセントマイル」があります。シカゴは、ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐアメリカ第3の都市。摩天楼がそびえ立つアメリカンスタイルの都市の発祥地として知られ、高層ビルが立ち並ぶ美しい夜景を眺めるのも楽しみの1つです。

また新リゾートの立地は、シカゴ最大の繁華街ネイビー・ピアとショッピングモールが立ち並ぶマグニフィセントマイルに近く、シカゴならではの都市型バケーションを過ごせます。オーランド観光の往路か復路で、この新しいリゾートにも滞在してみてはいかがですか。来年に向けて、バケーションの計画はどうぞお早めに。

ヒルトン・グランド・バケーションズ・シカゴ・ダウンタウン/マグニフィセントマイルについては、こちらの記事もご覧ください。

この記事をシェアする

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。ご応募やご質問はfeedback@clubtravelerjapan.comまでご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。

Recommend

Hilton Grand Vacations Vacation Style by Hilton Grand Vacations