当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

今回、RCIがご紹介する旅先はカナダ。真っ赤に色づいた紅葉を楽しみながらアルゴンキン州立公園を散策し、ナイアガラの滝を周遊する秋の旅へとご案内します。

アルゴンキン州立公園

アルゴンキン州立公園

アルゴンキン州立公園は、カナダでもっとも紅葉が美しいと言われる観光地の中でも、トップグループに数えられます。見頃は10月前半。楓や白樺、カラマツなどの葉が紅葉し、公園一帯が朱色や黄色に染まります。その眺めはまるで錦絵のよう。東京都の3.5倍ほどの広大な公園内には、大小さまざまな湖が点在し、時には野生のビーバーやカワウソを見かけることも。カナダの大自然を肌で感じられるハイキングやキャンプ、カヌーといったアクティビティも豊富に用意されています。

  • 湖でのカヌー体験は人気のアクティビティの1つ
  • トレッキングもまた、ネイチャーリゾートならではの醍醐味
  • 野生のカワウソに出会うことも!
  • カナダの国獣に指定されているビーバーも人気者

ナイアガラの滝

ナイアガラの滝

トロントから南南西へ約120km。世界3大瀑布の1つに数えられるナイアガラの滝は、カナダ滝、アメリカ滝、ブライダルベール滝の3つから成り、流れ落ちる水の量は毎分平均144,000m³と北米では最大級。水しぶきは滝つぼから遥か上空まで霧のように立ち上り、視界を遮るほどです。

ここで定番のアクティビティは、滝つぼの近くまで船で近づき、巨大な滝を下から見上げる迫力満点のナイアガラクルーズ。瀑布から吹き上がるミストによって発生するマイナスイオンは、森林の約7倍とも言われ、癒しのパワースポットとしてたくさんの観光客を虜にしています。また、空からその壮大な景観を望むヘリコプターでの空中遊覧も大人気。一生に一度は訪れたいスポットの1つです。

緑豊かな都会トロント

緑豊かな都会トロント

大都会でありながら自然が豊かなトロントは、観光地としても見所がいっぱい。まずは自立式のラジオ塔としては世界3位の高さを誇るCNタワーから市内を一望してはいかがですか。タワー内には食事をしながらトロントの街並みを見渡せるレストランもあります。

また、市内観光の1つとしてセント・ローレンス・マーケットにも立ち寄ってみましょう。地元の人々に混じって楽しむショッピングは、カナダの暮らしや食文化を知るいい機会です。新鮮な野菜や果物、花、肉などの他に、サンドウィッチやギリシャ料理などの、その場や移動先で手軽に食べられる軽食類も豊富。さらに、メープルシロップやクッキー、チョコレートなど、お土産向きのアイテムも数多くそろっています。

  • 日々、多くの人でにぎわうセント・ローレンス・マーケット
  • 生鮮食料品が豊富!
  • 名産のメイプルシロップはお土産に最適
  • 街のランドマーク、CNタワーで小休止

カナダ東部の食を楽しむ

カナダ東部の食を楽しむ

「トロントで楽しめる代表的なカナダ料理は? 」と聞かれて、皆様はなんと答えますか。

地元っ子がおすすめするのは、フライドポテトにチーズ&グレイビーソースをかけたファストフード「プーティン」。お店によってソースの味わいが異なり、生クリームを加えるなどスタイルはさまざま。定番のチーズからステーキや野菜まで、トッピングもバラエティ豊かです。

また、楓の森を抜ける通称「メープル街道」でトロントと結ばれている東部の大都市モントリオールの名物が「モントリオールスタイル・スモークドミート」。この料理もトロント市内のさまざまなお店で食べられます。

こちらは、ビーフブリスケット(雌牛の胸肉)をスパイスと一緒にスモークした惣菜で、バーガーバンズに挟んだり、サンドウィッチにして食べるのがポピュラー。その起源はよくわかっていませんが、東欧から来たユダヤ人移民が伝えたというのが、もっとも有力な説のようです。前述の「プーティン」をサイドディッシュに、カジュアルランチとして楽しんではいかがですか。

ところで、意外に思われるかもしれませんが、トロントの南側に広がるオンタリオ湖の周辺ではワイン造りが盛んです。このエリアには広大な葡萄畑が広がり、著名なワイナリーも数多く点在しているのです。

とりわけ、冬の凍ったぶどうを収穫して作られる特殊なデザートワイン「アイスワイン」が有名です。アイスワインはその名の通り、寒さによって濃縮された甘みと豊潤な香りが大きな特長。同じデザートワインの1種である貴腐ワインとは異なり、スッキリと軽快なアフターテイストを楽しめます。

ウィロウ・スプリングス・ワイナリーやアップルウッド・ファーム&ワイナリーなどの醸造所へ足を延ばしてはいかがですか。いずれのワイナリーでもスタッフはフレンドリーで、気軽にテイスティングができます。きっとお気に入りの1本が見つかることでしょう。

トロント滞在を楽しむ

トロント滞在を楽しむ

GEOホリデーズ・アット・ハリバートンハイツ(#6119)
必要ポイント数:1200~4800ポイント(7泊8日単位)

オンタリオの雄大な自然に抱かれたリゾート。スキーやハイキング、ビーチやゴルフなど季節ごとに楽しめるアクティビティが充実しています。アーリーアメリカンスタイルの部屋はスタジオ、1〜2ベッドルームからお選びください。それぞれキッチン、洗濯機、乾燥機が備えられています。

東京—トロント・ピアソン国際空港間は、約12時間
トロント・ピアソン国際空港からリゾートまでは、車で約2時間30分
リゾートからアルゴンキン州立公園までは、車で約1時間30分
リゾートからナイアガラの滝までは、車で約2時間30分

キャリッジ・ヒルズ・リゾート(#4200)
必要ポイント数:1700~4800ポイント(7泊8日単位)

自然の中で身体を動かすのが大好きなアウトドア派に人気の、カントリースタイルのリゾートです。夏は世界最長の淡水ビーチとして知られるワサガビーチをはじめ、ノッタワサガ川で釣りやカヌー、ボート遊びを、冬にはスキーを楽しんではいかがですか。サイクリング、ハイキング、ゴルフは四季を通じて楽しめ、リゾート内には、屋内外プール、ジムもあります。広々とした部屋は、とりわけファミリーに人気。食事やショッピングに最適なオリリア、ミッドランドなど、近隣都市へのアクセスも良好です。

東京—トロント・ピアソン国際空港間は、約12時間
トロント・ピアソン国際空港からリゾートまでは、車で約1時間30分
リゾートからアルゴンキン州立公園までは、車で約1時間30分
リゾートからナイアガラの滝までは、車で約2時間30分

※規約と条件
上記リゾートの空室は限られており、先着順で予約が確定します。

【ご予約・お問い合わせ】
RCI Asia Pacific Singapore, LLC
0120-805-811(日本からのフリーダイヤル)
03-6866-4900(日本国外・携帯電話から)
*音声ガイダンスより6番を選択してください。
営業時間(日本時間):月~金曜/午前9:00~午後6:00、土曜/午前9:00~午後1:00(5月1日より営業時間が変更になりました)
休業日:日曜日、日本の祝日およびシンガポールの一部の祝日(クリスマス・元旦)

この記事をシェアする

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。ご応募やご質問はfeedback@clubtravelerjapan.comまでご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。

Recommend

Hilton Grand Vacations Vacation Style by Hilton Grand Vacations