当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

ヒルトン・グランド・バケーションズ(HGV)は、今年後半から2022年にかけて海外に新たなリゾート4か所をオープンする予定です。海外へのバケーションは、まだ少し先のことになりそうですが、ご自宅で過ごしている間の将来のバケーションの計画にぜひご参考ください。

マウイ島初のHGVリゾート

マウイ島初のHGVリゾート

HGVがマウイ島に初めて作るリゾートが、2022年初頭以降にオープン予定のマウイ・ベイ・ヴィラ by ヒルトン・グランド・バケーションズです。

透明な海や白砂のビーチだけではなく、ハワイ王国の首都だった古都ラハイナの風情や、険しい山と深い渓谷が織りなす自然美にも恵まれたマウイ島は見どころがたくさん。冬場にザトウクジラがアウアウ海峡に集うため、マウイ島はハワイ諸島でもホエールウォッチングの名所となっています。また、「コンデナスト・トラベラー(アメリカの旅行雑誌)」の読者投票で「世界のベストビーチ」を20年連続で受賞しています。こうした魅力を余すことなく味わいたいクラブメンバー様にとって、マウイ・ベイ・ヴィラは絶好のバケーション拠点になるでしょう。

新リゾートは、マアラエラ・ビーチに面したオーシャンフロントの約11万㎢の広大な敷地に建つ予定です。内装を担当するのは、豪華でお洒落なデザインで定評があり、ホクラニ・ワイキキ by ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブやザ・グランド・アイランダー by ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブの内装も担当したデザイナー、ベアトリス・ジレッリ。客室は温かみのある木材と曲線をふんだんに使い、マウイ島らしいゆるやかな空間になる予定です。リビングからキッチンは解放感あふれるオープンスペースの設計。ハワイにある他のHGVリゾートとは一味違うデザインを予定していますので、どうぞお楽しみに。

マウイ島への旅は、HGVがお届けする旅のウェブマガジン「バケーションスタイル」に掲載済みの「心癒やすマウイ島3日間の旅」でもご案内しています。

お問い合わせはこちらから
※オープン予定時期や設計などは変わることがありますので、ご了承ください。

NYで4番目のHGVリゾートがもうすぐオープン

NYで4番目のHGVリゾートがもうすぐオープン
もうすぐオープンするザ・クイン・セントラル・パーク by ヒルトンクラブ。前身のバッキンガム・ホテルの優雅な外装を残しながら、内部は都会的で洗練された空間に。

マンハッタンのミッドタウンでも特に高級な高層ビル街ビリオネアズ・ロウに立つザ・クイン・セントラル・パーク by ヒルトンクラブ。今年後半のオープンにむけて、クラブメンバー様をお迎えするための最後の仕上げをしています。

ザ・クインの前身は、多くの芸術家に愛されたことで有名なバッキンガム・ホテルです。HGVはこの伝統ある老舗ホテルを買収し、ボザール様式とアール・デコが融合する優雅な外観はそのままに、内部を都会的な洗練と光あふれる安らぎが同居する大都市の隠れ家へと一新しました。セントラル・パークなどNYの主要スポットの多くが徒歩圏内にあるという立地もザ・クインの魅力です。

マルク・シャガールやジョージア・オキーフといった世界レベルの芸術家だけでなく、地元ニューヨークで知られ愛された芸術家も、このホテルを定宿にしていました。彼らを偲んで、さまざま絵やオブジェが館内のいたるところに飾られています。

また、アートがシンボルともいえるザ・クインですから、リゾート内におしゃれな図書館を作りました。この図書館では、画集や写真集などの美術本を専門とする有名出版社タッシェンの本が蔵書の一角を占めています。魅力的な人々が最も美しく見える瞬間を撮影することに命をかけたスリム・アーロンら有名フォトグラファーの写真集などをじっくり眺めることもできます。内装は客室と同様に現代的に仕上げましたが、家具や置物はアンティーク風で揃えました。この空間で思う存分アートの世界に浸ってみてはどうでしょう。ザ・クインは、『クラブトラベラー』マガジン2020年春号の「至極のリゾートコレクション06(22ページ~25ページ)」でもご紹介しています。

※インテリアなどは変更になる場合がありますので、ご了承ください。
※開業後も新型コロナウイルスの感染リスク回避のために、一部のアメニティやサービスの提供時間などを変更する場合があります。

サウスカロライナ州5番目のHGVリゾートがチャールストンに

サウスカロライナ州5番目のHGVリゾートがチャールストンに
チャールストンはアメリカ南部を代表する都市の1つ。

伝統と今が混じりあうサウスカロライナ州チャールストンに、2021年後半以降にオープンを予定しているのが、リバティ・プレイス・チャールストン by ヒルトンクラブです。

部屋タイプはスタジオと1~2ベッドルームを予定。ロビーバーやフィットネスセンターなどのアメニティも充実しています。

チャールストンは、アメリカ独立戦争や南北戦争にかかわる史跡がある歴史の街と、賑やかで自由な現代の大都市の2つの顔を持っています。リゾートからは、独立宣言が読み上げられたリバティ・ツリー(自由の木)や南北戦争以前の歴史的建築の並ぶレインボー通りが徒歩圏内。石畳の道を徒歩や馬車で回るツアーでは、古い庭園や邸宅を巡ることができます。

一方で、チャールストンは数々の国際イベントが行われるフェスティバルの街としても知られています。ダンス、オペラ、ジャズなどのパフォーミングアーツの祭典、アンティーク祭り、ガーデニング・コンテスト、ワイン&フード祭りなどが毎年、開かれています。

歴史探訪、多彩な食の愉しみ、ショッピング、エンターテインメントを通して、サウスカロライナのサザンホスピタリティを楽しんでみませんか。リバティ・プレイスとチャールストン観光は、クラブトラベラーの「2020年、歴史の街チャールストンに 新リゾートがお目見え」でもご紹介しています。

※オープン予定時期や設計などは変わることがありますので、ご了承ください。

メキシコのロスカボスにビーチリゾートを開発中

メキシコのロスカボスにビーチリゾートを開発中
リゾートといえばやはりビーチ。メキシコの美しく温かい海を楽しんでください。

HGVは、メキシコの太平洋側、バハ・カリフォルニア半島の先端にあるリゾート地ロスカボスにも新リゾートを開発しています。ラ・パシフィカ・ロスカボス by ヒルトンクラブは、ヒルトン・ロスカボス・ビーチ&ゴルフリゾートの375の客室のうち87室をおよそ75のタイムシェアユニットへ改装中で、2021年早期のオープンを目指しています。ビーチに面して建つヒルトン・ロスカボス・ビーチ&ゴルフリゾートの約4.6㎢という広大な敷地内に建設され、さまざまなアメニティを共有する予定です。

※部屋数やアメニティなどは変わることがありますので、ご了承ください。

今回は新規開発中の海外のHGVリゾート4か所をご紹介しました。個性的なこれらのリゾートがコレクションに加われば、クラブメンバー様の選択の幅はグッと広がることも間違いありません。これからもクラブトラベラーで進捗状況をお知らせしてまいりますので、どうぞお楽しみに。

この記事をシェアする

クラブトラベラーウェブサイトは、クラブメンバー様のバケーションに役立つ情報をお届けしています。
素敵な旅の思い出の投稿やご質問は、こちらからお問い合わせください。

Recommend

Hilton Grand Vacations CLUB TRAVELER Vacation Style by Hilton Grand Vacations