Hilton Grand Vacations Vacation Style by Hilton Grand Vacations

「旅」の愉楽を求めるすべてのクラブメンバー様へ

「旅」の愉楽を求める
すべてのクラブメンバー様へ

最近日本でも人気のクルーズの旅。充実の施設を備えた洋上のホテル&リゾートと謳われる大型客船では、毎日華やかなショーやパーティが繰り広げられています。さまざまなエンターテイメントを体験できるとあって、お子様からご年配の方まで幅広い年代の方が楽しまれ、人気の船は予約も取りにくい傾向に。しかしながら、船酔いが不安だからとクルーズ旅行を諦めている方も多いのではないのでしょうか。
そこで、船酔いを攻略するいくつかのヒントをご紹介します。ご自分に合った対策方法を見つけて、この夏はクルーズ・デビューをしてみませんか。

●大きなクルーズ船を選ぶ

小さな船ほど荒波や悪天候の影響を受けやすくなっています。近年の大型クルーズ船の多くには船体を安定させる装置があり、乗っている時に感じる揺れや傾き、全体的な振動を大幅に減少させています。

●賢く部屋を選ぶ

部屋を選ぶ時には、安定していると感じる低層階の中央寄りがおすすめです。また、できれば窓やバルコニーなどがついていて、いつでも新鮮な空気に触れることができる部屋を選びましょう。
また、バルコニーがある部屋でも低層階で船の中央部分に近い場所が比較的揺れにくく安心です。逆に揺れやすいのは船の前方や後方の高層階といわれています。

●乗船したら避けること

自室であっても船内に長時間とどまることはやめましょう。できるだけデッキ上に出て外の空気を吸ったり、景色を楽しんだりすることをおすすめします。また、あまり長い間、双眼鏡を覗くことは避けましょう。洋上の風景を楽しみたい時は、時々休憩をはさんでください。さらに、動いている船内で本などを凝視することは、脳が感覚のミスマッチを引き起こし、船酔いを悪化させてしまいます。もし気分が悪くなったら、一点を凝視せず、窓の外の水平線などを眺めてみてください。

●事前準備をする

まず船旅の前に水を飲み始め、さらにクルーズの間は水分を切らさないように水筒を携行しておきましょう。
そして、酔い止めバンドを持っていると安心です。これはプラスチックの突起がついているリストバンドで、吐き気を緩和するといわれる手首のツボを刺激します。

●以下の食品を摂取する

青リンゴで胃の不調を鎮めましょう。青リンゴのペクチンが胃酸の分泌を調節してくれます。他には、口当たりがよく塩分の多いプレッツェルやパン、塩気のあるクラッカーなどの食べ物が適しています。飲み物は炭酸水やソーダ、ジンジャーエールなどがおすすめです。特にジンジャー(生姜)は、船酔いにとてもよいとされています。さらにペパーミントも効果があります。ジンジャーやペパーミントが入った紅茶は、胃を落ち着かせてくれます。

●短期間のクルーズからはじめる

どうしても船酔いが心配であれば、まずは試しに短いクルーズを体験してみるのもおすすめです。ミキ・ツーリストでは多種多様な週末クルーズをご案内しています。

クラブメンバー様のためのさまざまなクルーズオプション

ご家族との旅行やロマンチックな船上の旅をお求めの方には、ミキ・ツーリストやクルーズオンリーがおすすめです。
ミキ・ツーリストでは、13万トン級のメガシップ「ボイジャー・オブ・シーズ」など、多彩なアクティビティを揃えた大型客船でのショートクルーズもご用意。シンガポールを出航するマレーシア3泊4日をはじめ、手頃なクルーズ体験も豊富にラインナップしています。
クルーズオンリーは150以上のクルーズ船で出かける、2,000ヶ所以上のショートクルーズをご提供しています。

 

クルーズ旅行はクラブメンバー様特別価格で

2018年には2つのクラブ・パートナー・パークス・グランド・アドベンチャーを予定、そして「2019年メンバークルーズ」は、6月にスウェーデンのストックホルムからセーリングが始まります。
益々盛り上がりをみせる、クルーズ旅行。素晴らしい目的地を見つけて、クラブメンバー様ならではの特別価格でお楽しみください。

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。ご応募やご質問はfeedback@clubtravelerjapan.comまでご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。

Recommend