You are here

世界の絶景

究極の美を求めて、 世界の秘境へ

写真提供:PIXTA

登山やキャンプ、グランピングなど、自然の素晴らしさを体感できるアウトドア人気が再燃しつつある昨今。

自然が造り上げた圧倒的な景観を目の当たりにすると、心に強い感動と力が湧き上がってきます。名作の舞台になったと言われているザキントス島のビーチ、極彩色に彩られた鍾乳洞など、現地でしか見ることのできない究極の美を探しに出かけましょう。

船でしか足を踏み入れられない秘境「ナヴァイオ・ビーチ」

写真提供:Calin Stan/shutterstock.com

絵画のように鮮やかなブルーの海、真っ白な砂浜。ここは断崖絶壁に囲まれた秘境「ナヴァイオ・ビーチ」です。ギリシャのザキントス島にあり、船でしかたどり着けないこの美しい海は、世界的人気を誇るアニメーション映画「紅の豚」に登場したビーチのモデルになったと言われています。

ナヴァイオ・ビーチは、別名「シップレックビーチ(=難破船海岸)」とも呼ばれており、1980年代に座礁したパナヨティス号の難破船が今もビーチに佇んでいます。近くの展望台からビーチを見下ろせば、太陽の光を浴びて、光輝く海と白浜が織り成す見事なコントラストに息を呑むことでしょう。

この絶景に魅了され、毎年何千人もの観光客が世界各国から訪れています。アテネからザキントス島までは飛行機で約60分。アテネのリゾートを拠点に、秘境のビーチバケーションを楽しみましょう。

おすすめリゾート:ヒルトン・アテネ(英語)

ルピナスが咲き誇る、ロマンチックな「テカポ湖」

写真提供:Thomas Wong/shutterstock.com

これが自然の色かと驚くほど美しいミルキーブルーの湖と、壮大なサザンアルプスが織り成す光景に目を奪われる「テカポ湖」。湖畔には可愛らしい石造りの教会が建ち、気分はまるで絵本の世界。世界屈指のスターゲイジングスポットとしても有名で、国際ダークスカイ協会が認定する「星空保護区」の中でも世界に3ヶ所しかない特別保護区「ゴールドティア」に指定されています。世界遺産への取り組みも進められている、今注目のスポットです。

ニュージーランド南島のクライストチャーチとマウントクックの間にあり、湖の規模は83㎢と広大。バケーションのベストシーズンは、ルピナスが咲き誇る11月~1月初旬頃。紫やピンクの可憐なルピナスが景観に華を添え、より一層美しいテカポ湖を堪能することができるでしょう。クイーンズタウンから出ている1泊2日のバスツアーなどを利用するのがおすすめです。

おすすめリゾート:アナンタラ・バケーション・クラブ・アット・オークス・ショアーズ・クイーンズタウン

現代アートを思わせる極彩色の鍾乳洞「蘆笛岩」

写真提供:TDway/shutterstock.com

大自然が生んだ現代アートとも言うべき、鮮烈な鍾乳洞「蘆笛岩(ろてきがん)」。鍾乳石や石筍、石柱など長い歳月を経て、形成された巨大な鍾乳洞は、幻想的でアーティスティック。極彩色のライトアップが妖艶な景観に拍車をかけ、私達を夢幻の世界へといざなうことでしょう。

中国南部、桂林市の光明山にあり、全長は2㎞にもおよびます。入り口から約500mは遊覧コースとして整備されており、「獅林朝霞」「原始森林」「水晶宮」などコース内には見所が点在。人間では創り出すことのできない想像を絶する奇形石と、それを大胆に彩る鮮やかな光の競演に心を奪われます。桂林市へのアクセスは、中国南部のターミナルスポットである広州を拠点にした、飛行機での移動がおすすめです。広州から桂林へは、約1時間です。

おすすめリゾート:ヒルトン広州天河

地球でもっとも宇宙に近い場所「マウナケア」

写真提供:PIXTA

あたり一面がオレンジ色に染まるサンセットを経て、徐々に顔を出す星々。ハワイアンの聖地「マウナケア」は、標高4,205mと富士山より遥かに高く、眼前を覆う満点の星空に「宇宙に一番近い場所」と称されています。プラネタリウムと見紛うばかりの星空は、世界各国の天文学者がこぞって訪れるほど。遠い星々に思いを馳せ、静寂な空気の中でハワイの大自然を感じてみましょう。

もう1つ、マウナケアを訪れたら見逃せないのが、山頂からのサンライズです。真っ白な雲海から顔を出す、神々しい太陽の光に思わず涙する人も。この神秘的な体験は一生の思い出になるはずです。山頂を訪れる際は寒さ対策や高山病対策が欠かせないため、リゾートから送迎付きツアーのご利用がおすすめです。

おすすめリゾート:キングス・ランド™・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ

幾億年もの歴史が紡ぐ大自然の芸術「グランドキャニオン」

写真提供:PIXTA

黄金に輝く明け方、地層の色をもっとも鮮やかに感じる昼間、濃紺に染まる夜。陽光に照らされ、刻々と表情を変化させる姿は巨大な生き物のよう。アリゾナ州の巨大渓谷「グランドキャニオン」は、後世に残すべき遺産であり、身をもって大自然の偉大さを体感できる場所です。決して人間が造り上げることのできない壮大な景色に、多くの人々が魅了され続けています。

コロラド川による侵食が始まり、200万年前に現在の姿となったグランドキャニオン。最深部の地層はなんと20億年前のものだと言われています。その景観美は、ルーズベルト元大統領が「全てのアメリカ人は生涯に一度、訪れるべき場所」と讃えたと言われるほど。全景をしっかりと目に焼き付けるなら、東西446㎞にもわたる渓谷を眼下に望む遊覧飛行ツアーがおすすめです。ラスベガスの各空港から発着する、優雅な空の旅をお楽しみください。

おすすめリゾート:エララ・ア・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。