You are here

クルーズ

世界最大級の新造船で 行く地中海・カリブ海 クルーズ

2018年4月就航となる新造船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」の情報が早くも届きました。今回より、予約受付が開始となったシンフォニー・オブ・ザ・シーズは現在世界最大である姉妹船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」を上回る驚愕の23万トン。来春のクルーズデビュー後は世界最大の客船となります。
巨大な船内ではさまざまなアミューズメントやショーをはじめ、五感を刺激するアクティビティが満載です。

6月中のご予約に限り、特別割引を実施中!

6月中にクルーズをご予約いただくと、2人目のご料金が60%オフ、3・4人目が30%割引に!
詳細はこちらからご確認ください。

充実のエンターテイメントとアクティビティを巨大な船内で満喫

世界最大級となるシンフォニー・オブ・ザ・シーズは誰もが驚嘆する巨大な船内に、姉妹船オアシスクラスのコンセプトでもある「洋上に浮かぶ7つの街」を踏襲しています。
また、ロボットバーテンダーが軽快にシェイカーを振る「バイオニックバー」や、本格的ブロードウェイショーなどの各種エンターテイメント、圧巻のダイビングショーを行う屋外円形劇場「アクアシアター」などお楽しみいただけます。さらに、アクティビティ好きな方には、3本のウォータースライダー「パーフェクトストーム」や洋上でもっとも高さのあるスライダー「アルティメットアビス」など人気のアトラクションがお勧めです。

シンフォニー・オブ・ザ・シーズは2018年4月の就航後、夏季にはスペインのバルセロナやパルマ・デ・マヨルカ、フランスのプロバンス、イタリアのフィレンツェ、ピサ、ローマやナポリなど人気の寄港地を巡る地中海クルーズを実施します。
そして、11月以降は舞台をカリブ海へ移し、マイアミ港で建造中の新客船ターミナルを拠点としたカリブ海クルーズを定期運航いたします。

人気の寄港地を巡る西地中海クルーズ

スペインのバルセロナを発着する本クルーズの最初の寄港地は、パルマ・デ・マヨルカ。マヨルカ島には、13世紀から400年近くの歳月をかけて造られた歴史ある建物であるカテドラルがあります。カテドラルは世界遺産に登録されており、20世紀にはガウディが改修を手がけました。ステンドグラスを通して差し込む光が大変美しく、幻想的な光景は午前中しか見ることができないので、オープン時間の午前10時に合わせて行くのがお勧めです。

続いて訪れる寄港地は、フランス最大の港町マルセイユ。ここを訪れたら、ブイヤベースを楽しむのをお忘れなく。ブイヤベース憲章に則った本場のブイヤベースは、エビもムール貝も無いシンプルなルックスですが、とても繊細で複雑な味わいが楽しめます。ミシュランで三ツ星を獲得した「ル・プティ・ニース」を始めとした名店の数々から、自分だけのお気に入りを見つけてください。

また、マルセイユ旧港のニュースポットとして注目される大観覧車は、フィッシュマーケットが開催される港にあります。上空42mからマルセイユの美しい景色が楽しめます。なお、この観覧車は7ユーロのチケットで4周するため、ゆっくりとマルセイユ港の眺めをお楽しみいただけます。

次なる寄港地イタリアのラスペッツィアは、リグーリア州に位置しており、シーフードに合うヴェルメンティーノという白ワインが特産品です。

また、ラスペッツィアはフィレンツェやピサの近くに位置しており、日帰りで訪れることができます。
中世の美しい街並みを残し花の都とも言われるフィレンツェは、比較的小さな街ですが見どころは満載です。ドゥオーモやミケランジェロ広場などはもう行ったことがある、という方はフィレンツェの下町歩きはいかがでしょう。オルトラルノは下町情緒に溢れ、街中には約400年の歳月をかけて増改築を繰り返し完成したピッティ宮殿があります。宮殿内はパラティーナ美術館など5つの博物館で構成されており、見応え充分なのでアート好きな方にお勧めです。

5日目は、悠久の聖地であるローマを訪れます。「ローマの休日」をはじめ、数々の映画の舞台地としても知られ、中世の面影を残すロマン溢れる街並みが魅力です。街歩きが好きな方は、バルベリーニ広場を散策してみませんか。バロック様式の天才、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニが作った「トリトーネの噴水」と「蜂の噴水」。この2つの噴水がある広場では、落ち着いた雰囲気を味わえます。ベルニーニファンだけでなく、彫刻が好きな方も楽しめるスポットです。

映画「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンが演じるアン王女がジェラートを食べる、有名なシーンで使われたスペイン広場の大階段も外せません。広場の中央には、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニが手がけた「バルカッチャの噴水」があり、広場の西側にはショッピングストリートであるコンドッティ通りがあります。公園の頂上から見る景色はとても美しく、特に夕陽に染まるローマは圧巻です。

〈西地中海クルーズ 7泊8日〉
出港日:2018年4月21日、5月6日・13日・20日・27日、6月3日・10日・17日・24日、7月1日・8日・15日・22日・29日、8月5日・12日・19日・26日、9月2日・9日・16日・23日・30日、10月7日

スケジュール

寄港地 入港 出港
1 バルセロナ(スペイン)   午後6:00
2 パルマ・デ・マヨルカ(スペイン) 午前8:00 午後4:00
3 マルセイユ(フランス) 午前9:00 午後6:00
4 ラスペッツィア(フィレンツェ/ピサ) 午前8:30 午後8:30
5 チビタベッキア(イタリア) 午前7:00 午後8:00
6 ナポリ(イタリア) 午前7:00 午後8:00
7 終日クルージング    
8 バルセロナ(スペイン) 午前5:00  

詳細はこちらをご覧ください。

※以下コースもご用意しています。

・バルセロナ発着 西地中海クルーズ 8泊9日
出航日:2018年4月28日
・バルセロナ発着 西地中海クルーズ 9泊10日
出航日:2018年10月14日
・バルセロナ発フロリダ着 大西洋横断クルーズ 12泊13日
出航日:2018年10月28日

美しいビーチを巡る西カリブ海クルーズ

西カリブ海を巡る本クルーズが訪れる最初の寄港地は、ロアタン島です。
カリブ海に浮かぶロアタン島は、世界で2番目に大きいサンゴ礁「メソアメリカン・バリアリーフ」の近くに位置し、海岸線には透明度の高い美しいビーチが続いています。海抜270m程まで隆起した古代のサンゴでできたこの島は美しいブルーのグラデーションが広がり、緑も多く残る自然を満喫できる島です。
透明度抜群のビーチで、シュノーケリングをすれば、ビーチから3m程で色鮮やかな魚達を間近で見ることができます。また、ボートに乗ってマングローブを見に行ったり、イルカと触れ合えるプログラムなどのアクティビティが充実しているので、ぜひお楽しみください。

クルーズ4日目、5日目はメキシコへ寄港します。まず最初に寄港する、コスタ・マヤはメキシコ沿岸の街で、周辺にはマヤ遺跡が数多くあります。アクセス便利なチャコーベン遺跡をはじめ、コフンリッチ遺跡などを巡ってはいかがでしょう。熱帯雨林に囲まれたコフンリッチ遺跡は紀元500年頃から1200年頃まで長い歳月をかけて造られました。
翌日はメキシコで一番大きな島、コスメルへ寄港します。カンクンからも近いコスメルは、世界でも屈指のダイビングスポットとして人気。シュノーケリングやダイビングでカリブ海らしいカラフルな魚が泳ぐ姿をご覧ください。
また、女性へのお土産をお探しなら、オリーブオイルが配合された、優しい香りの種類豊富なハポン・アルテサナルの手作り石鹸がお勧めです。DACマーケットやエッセンシャル・クリィヴで購入可能です。ラベンダー、ユーカリ、ティーツリー、レモン、オレンジなど日本人好みの香りがたくさんあるのでお気に入りを見つけてみましょう。
スイーツ好きな方へのお土産はコスメル島に工場を持つカオカオのチョコレートが良いでしょう。工場ではファクトリーツアーも楽しめるのでチョコレート好きな方は、ぜひ足を運んでみてください。

最終寄港地はバハマのナッソーです。カリブ海らしい観光を楽しみたい方は、パイレーツ・オブ・ナッソーがお勧めです。実在したカリブの海賊の1690年~1720年にかけての足取りや実態を、迫力満点の模型や人形、絵などを使って再現された体験型のミュージアムです。カリブの海賊に関する展示を鑑賞した後はミュージアムショップでカリブならではのお土産選びもできます。
ショッピング好きな方は世界最大規模の手工芸品市場として賑わうストローマーケットへ出かけてみてはいかがでしょう。マーケットには500軒の店が並び、ハンドメイドの可愛らしい手工芸品が並んでいます。バッグや帽子、人形など手が込んだわら細工はバハマの伝統工芸品の1つです。旅の思い出にお気に入りを探してみましょう。

〈西カリブ海クルーズ 7泊8日〉
出港日:2018年11月17日、12月29日、2019年1月12日・26日、2月9日・23日、3月9日・23日、4月6日・20日
※12月29日出航はホリデイクルーズのため、旅行条件が異なります。

スケジュール

寄港地 入港 出港
1 マイアミ(フロリダ州)   午後4:30
2 終日クルーズ    
3 ロアタン(ホンジュラス) 午前8:00 午後6:00
4 コスタ・マヤ(メキシコ) 午前8:00 午後6:00
5 コスメル(メキシコ) 午前7:00 午後6:00
6 終日クルーズ    
7 ナッソー(バハマ) 午前9:00 午後6:00
8 マイアミ(フロリダ州) 午前6:00  

詳細はこちらをご覧ください。

絶景が織り成す魅惑の東カリブ海クルーズ

マイアミから出発する本クルーズは、2日間のクルーズを経て4日目に最初の寄港地であるセントキッツ・ネイビスのバセテールに到着します。カリブ海に浮かぶ小さな国、バセテールにあるブリムストーンヒルの要塞遺跡は世界遺産にも登録されています。当時カリブ海最大とされた要塞跡からは、透き通った紺碧の海の見渡すことができます。攻め寄せるフランス軍の船舶を迎え撃つため、イギリス軍がここに大砲を設置したというのも納得できる眺望です。
お買い物を楽しみたい方は、バセテール・ベイに面したポート・ザンテがお勧めです。免税店やお土産屋が立ち並び、のんびりとした雰囲気の中でショッピングができます。

クルーズ5日目は、ヴァージン諸島のシャーロットアマリー/セント・トーマスへ向かいます。まるで絵ハガキのような海岸沿いは、山に点在する家々と海に浮かぶヨットの美しい光景が広がっています。パラダイス・ポイントという小高い丘をロープウェイで登れば、島の美しい景色がどこまでも続き、素敵な眺めを堪能できます。

シャーロットアマリーからも近い、島の東端に位置するレッドフックはカジュアルなビーチバーやライブエンターテイメント、人気のレストランが立ち並んでいます。島散策でお腹が減ったら、地元の方で賑わうタップ・アンド・スティルのハンバーガーや、カリビアン・フィッシュマーケットのシーフード料理などを味わうのも一興です。また、ラム酒をベースに5種類のフルーツが入ったジュースを注いだラムパンチや、青バナナのフライなど本格的なカリブ海のグルメを味わってみるチャンスです。

〈東カリブ海クルーズAコース7泊8日〉
出港日:2018年12月8日、2019年1月5日・19日、2月2日・16日、3月2日・16日、4月13日・27日

スケジュール

寄港地 入港 出港
1 マイアミ(フロリダ州)   午後4:30
2 終日クルーズ    
3 終日クルーズ    
4 バセテール(セントキッツ・ネビス) 午前9:00 午後6:00
5 シャーロットアマリー/セント・トーマス(米領ヴァージン諸島) 午前7:00 午後4:00
6 終日クルーズ    
7 ナッソー(バハマ) 午前10:00 午後6:00
8 マイアミ(フロリダ州) 午前6:00  

詳細はこちらをご覧ください。

※以下コースもご用意しています。
・マイアミ発着 東カリブ海クルーズBコース 7泊8日
出航日:2018年11月24日2019年3月30日
・マイアミ発着 東カリブ海クルーズCコース 7泊8日
出航日:2018年12月1日2018年12月15日

◆クラブメンバー様向け特典:

クラブポイント、セーブドポイントおよびボーナスポイントを使用してご予約をいただいた方に、ノベルティをプレゼントいたします。

【ご予約・お問い合わせ】
$200分のクルーズ旅行のクレジットに必要なポイントは2,000ポイントです。ミキ・ツーリストのクルーズ旅行のクレジットをお申し込みの際は、クラブカウンセラーまでご連絡ください。クラブパートナー・パークス手数料を申し受けます。ファックスにてミキ・ツーリスト(03-5404-6683)へ直接ご予約ください。予約の時点でデポジットのお支払いが必要となります。遅くとも出発日の30日前までに予約をお済ませください。

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。