You are here

クルーズ

ハワイ3島と太平洋を 横断するロング クルーズへ

来年のゴールデンウィークは少し長めに優雅なロングクルーズへ出かけてみませんか。2018年4月29日から出航するセレブリティ・ソルスティスはホノルル発バンクーバー着の12泊13日のロングクルーズで、ハワイ3島と太平洋を横断します。

12万トン級の大型客船 セレブリティ・ソルスティスは「美食の船」として知られ、船内での料理は全てミシュラン三ツ星シェフのコーネリアス・ギャラガー氏が監修しています。趣向を凝らした上質な美食は、著名なクルーズ誌で数々の栄誉に輝いており、皆様の五感を刺激することでしょう。

船内には洋上初の天然芝ガーデン「ローンクラブ」が設置されており、船上の芝生でくつろぎながら野外コンサート鑑賞を楽しめます。芝生の上では開放的にシャンパンピクニックも味わえるなど、屋外の心地よい空間でリラックス気分に浸ることができます。また、高級スパを展開する「キャニオンランチ・スパクラブ」と提携した、洋上では最大規模となる「スパクラブ・アットシー」では至極のリラクゼーションを堪能いただけます。

極上の楽園ハワイ3島を巡る

クルーズの前半は、オアフ島、マウイ島、ハワイ島と、ハワイ3島をゆっくりと巡ります。慣れ親しんだハワイの地も、クルーズ船で巡れば一味違う魅力に気付けるかもしれません。

出港はオアフ島からです。出航日よりも早めに訪れていつものリゾートを満喫しておけば、よりリラックスした気持ちで出発できるでしょう。船内でディナーを楽しんだ後は、デッキから夜景を眺めれば、いつもと違うオアフの姿が楽しめます。

次なる寄港地マウイ島は、起伏に富んだ自然から渓谷の島とも呼ばれています。人気のネイチャースポット、ハレアカラの山頂から見下ろす絶景は息を呑む美しさです。船はマウイ島で一泊します。出航日は少し早起きをしてハレアカラに登り、ここでしか見ることのできない朝焼けを堪能しましょう。

3つ目の寄港地であるハワイ島では、2ヶ所に停泊します。1ヶ所目となるカイルア・コナはかつての王族達の静養地であり、現在はハワイ島随一の商業都市。街にはフリヘエ宮殿やモクアイカウア教会などの歴史的な建造物もあり、見所には事欠きません。おすすめはダイビングやシュノーケリングなどのウォーターアクティビティです。賑やかなオアフ島とは一味違う海を存分に楽しみましょう。

ハワイ最後の寄港地、ハワイ島ヒロはフラの発祥の地としても有名な地で、コンパクトなダウンタウンは散策に適しています。どこか懐かしい雰囲気の面影を残す街並みや建物を見学しながらのんびり歩いてみるのも良いでしょう。ダウンタウンを満喫した後は、レインボー・フォールズへ足を運ぶのがおすすめです。雨の多いヒロならではの水量が多い滝が流れ落ちる様は、とても豪快です。

船上でしか味わえない究極のクルーズライフを満喫

ハワイ3島を巡った後、セレブリティ・ソルスティスは次なる寄港地カナダへ舵を切ります。5日間続く船上での時間は、心ゆくまで船内の魅力的なサービスを満喫するチャンスです。

中でも、夜のひとときを華やかに彩るシアターショーは特に人気が高いアトラクションです。最新の音響照明設備を備えた大型劇場でのショーは、ブロードウェイのミュージカルレビューをはじめ、アクロバットショーやマジック、歌やクラシック音楽など多彩な演目をお楽しみいただけます。特に、光と音を組み合わせたヨーロッパスタイルのサーカスショーは、ソルスティスの看板ステージです。

毎日、極上の美食が楽しめるのもクルーズの醍醐味です。ドレスアップした日は、洗練されたモダンフレンチレストラン「ムラーノ」や、イタリアンステーキハウス「トスカーナグリル」で最高のディナーを召し上がりください。また、ロングクルーズで日本食が恋しくなった際は、創作寿司やアジア料理を提供する「スシ・オン・ファイブ」がおすすめ。豊富なラインナップから、その日の気分に合わせて選んでみてはいかがですか。なお、スペシャリティレストランは有料となります。

英国の影響が残る優雅な街、ビクトリア

5日間のクルーズを経た後、いよいよカナダに足を踏み入れます。カナダ最初の寄港地であるビクトリアは今もなお英国の影響が色濃く残り、色とりどりの花があふれる街並みから別名ガーデンシティとも呼ばれています。

インナー・ハーバーでは港を行き交う小さな渡し船やフラワーショップ、カフェなど、この街を象徴する風景を楽しめます。またすぐ近くに佇む州議事堂はビクトリアのシンボル的存在であり、ロマネスク様式の外観や内部の豪華な装飾、ステンドグラス、吹き抜けの天井画など見応え十分の歴史的建造物です。

そしてブッチャート・ガーデンへ足を延ばせば、5つのテーマに分けられた美しい庭園でさまざまな花や植物が観賞できます。咲き誇る花々を眺めながら優雅にアフタヌーンティーを楽しみましょう。

自然と文明が共存する都市、バンクーバー

クルーズ最後の寄港地バンクーバーは、壮大な自然と都会が共存する魅力的な都市です。街を歩けば、どこまでも続く青い空と澄んだ空気を肌で感じ、穏やかな海と山々に囲まれたロケーションの素晴らしさを楽しめるでしょう。

巨木が目印となっているスタンレー・パークや、クイーン・エリザベス・パークなどのネイチャー・スポットは、バンクーバー観光では外せません。特にスタンレー・パークは都市公園と思えないほど自然豊かで、サイクリングコースなども充実しており、気軽にアクティビティを楽しめます。ハイキングに繰り出せば、リスやアライグマ、野鳥にも出会えます。また、公園内にあるバンクーバー水族館では、珍しい白クジラが泳ぐ姿やその他9,000種以上にも及ぶ海洋生物を見ることができます。

世界中から移民が多く集まるバンクーバーでは、幅広い国や地域の料理が楽しめます。中でも、味もサービスもカナダ最高峰と名高い高級レストラン「ホークスワース」は今注目を浴びている人気店。落ち着いた雰囲気とゴージャスなインテリアがセンス良く調和した店内でいただく料理は格別です。地元の新鮮な素材を用いたウエスト・コースト料理を堪能しましょう。

また、カナダといえば特産のメープルシロップを味わうのをお忘れなく。街歩きの合間に「メープル・デライツ」で一息つきましょう。芳醇でコクのあるメープルシロップを使ったスイーツに舌鼓を打ちながら、店内でお土産選びもできます。

スケジュール

寄港地 入港 出港
4月29日(日) ホノルル/オアフ島(ハワイ)    
4月30日(月) ホノルル/オアフ島(ハワイ)   午後11:59
5月1日(火) ラハイナ/マウイ島(ハワイ) 午前8:00  
5月2日(水) ラハイナ/マウイ島(ハワイ)   午後6:00
5月3日(木) カイルア・コナ/ハワイ島(ハワイ) 午前8:00 午後5:00
5月4日(金) ヒロ/ハワイ島(ハワイ) 午前8:00 午後5:00
5月5日(土) 終日クルージング    
5月6日(日) 終日クルージング    
5月7日(月) 終日クルージング    
5月8日(火) 終日クルージング    
5月9日(水) 終日クルージング    
5月10日(木) ビクトリア(カナダ) 午前9:00 午後6:00
5月11日(金) バンクーバー(カナダ) 午前7:00  

詳細はこちらをご覧ください。

セレブリティクルーズについて

セレブリティクルーズは12隻の客船を保有する国際クルーズブランドであり、クルーズ運行会社ロイヤル・カリビアン・リミテッド(RCL)の持つ5つのクルーズブランドの内の1つです。

セレブリティクルーズは“モダン・ラグジュアリー”なクルーズを提供するプレミアム客船を運航しています。「ベスト・プレミアムクルーズライン」をはじめ、食事やスパ、客室など各カテゴリーで名誉ある賞を獲得。サービス面においてプレミアムクラスでは最高の評価を受けています。船内でご提供する全てのお食事をミシュラン三ツ星シェフ、 コーネリアス・ギャラガーが監修しています。

◆クラブメンバー様向け特典:

クラブポイント、セーブドポイントおよびボーナスポイントを使用してご予約をいただいた方に、ノベルティをプレゼントいたします。

【ご予約・お問い合わせ】

$200分のクルーズ旅行のクレジットに必要なポイントは2,000ポイントです。ミキ・ツーリストのクルーズ旅行のクレジットをお申し込みの際は、クラブカウンセラーまでご連絡ください。クラブパートナー・パークス手数料を申し受けます。ファックスにてミキ・ツーリスト(03-5404-6683)へ直接ご予約ください。予約の時点でデポジットのお支払いが必要となります。遅くとも出発日の30日前までに予約をお済ませください。

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。