You are here

トラベルノート

離島だからこそ叶う、 心揺さぶる夏を求めて

写真提供:PIXTA

いよいよ夏本番!
沖縄の本当の美しさを味わうなら、離島でのスキューバダイビングとシュノーケリングこそ最良の選択。小さな魚群が星のようにきらめき、銀河のように眩い情景が広がる西表島の「インダビシ西」など、神秘的な光景を目の当たりにできるハイレベルなスポットをご紹介します。

全てのダイバーが憧れる地、西表島

写真提供:PIXTA

珊瑚の美しさに感嘆し、可愛らしい魚達に笑みがこぼれ、思いがけなく出会った大物に自然の偉大さを感じる。この全ての感動を体験できるのが西表島です。数あるスポットの中から、西表島ならではの絶景を望める3エリアをご案内しましょう。

1.インダビシ西

写真提供:PIXTA

癒しのダイビングスポットをお探しなら、インダビシ西が最適です。白い砂地に立つ珊瑚は小さな魚達のお家のよう。可愛い魚達が気持ち良さそうに泳ぎ回る姿は、いつまで眺めていても飽きることはありません。ダイビング初心者も夢中になる驚きの絶景に出会えます。

2.クロミスヘブン

写真提供:PIXTA

美しい珊瑚を浅瀬で観賞できるため、シュノーケリングスポットとしても人気のクロミスヘブン。眼下には珊瑚が広がり、ふと水面へ目を上げるとキラキラと輝く陽の光に見惚れることでしょう。映画で一躍人気者になったカクレクマノミなども間近で見られます。

3.ハトマロリータポイント

写真提供:PIXTA

神秘的な光景を目の当たりにできるハトマロリータポイントは、リピート必至の人気スポット。洞窟のような独特の地形をしており、その間から漏れる光が砂地に届いた時、想像を絶する絶景に魅了されることでしょう。ダイバーに人気のモンツキカエルウオにも出会えます。

幻に触れる地、浜島

写真提供:PIXTA

石垣島と小浜島の間にある無人島「浜島」は、潮が引いている時だけ出現する「幻の島」。360度海に囲まれた景色は、海の上を歩いているかのような絶景です。潮の満ち引きで島の形が変わるため、訪れる度に新たな感動を味わえるでしょう。シュノーケリングに出れば、カラフルな熱帯魚や珊瑚などを間近で見ることができます。浅瀬が続くので、小さなお子様連れのご家族にもおすすめです。

離島にしかない、本物の「隠れ家」を楽しむ

写真提供:ホテルニラカナイ西表島

沖縄の離島を訪れるダイバー達を魅了してきたのは、絶景だけではありません。

近海で水揚げされたマグロはとろけるように柔らかく、本土ではなかなかお目にかかれないトロピカルカラーの魚も、思わぬ美味しさ。旨味が凝縮された沖縄生まれのブランド肉など、沖縄でしか味わえない味の数々は、きっと心を揺さぶることでしょう。

西表島

写真提供:ホテルニラカナイ西表島

西表島最大のリゾートであるホテルニラカナイ西表島では、沖縄の食材を使った料理をブッフェスタイルやバーベキューなど、バリエーション豊かなスタイルで楽しむことができます。
リゾート内でもさらに密やかな別館レストラン「パナリ」では、沖縄近海の鮮魚や特選和牛を鉄板焼きで味わうことができます。沖縄サミットの晩餐会でも饗された「石垣牛」のステーキは、まさにここでしか味わうことのできない最高の一皿。シェフの巧みな技を間近で見られるカウンター席で、沖縄の恵みが生きる逸品をいただきましょう。

写真提供:PIXTA

離島の全てを味わい尽くすなら、地元民が愛する名店も忘れずに。
キッチンイナバは郷土料理をはじめ、地産の食材を使ったメニューが豊富。現地で獲れるワタリガニのガザミを使った料理は、インパクトの強い盛り付けが必見です。また、新鮮なイノシシを使った肉料理も外せません。
昭和レトロを匂わせる新八食堂は地元の方も通う老舗。一番人気はやはり沖縄そば。中でも、野菜がたっぷり入った野菜そばが人気とのこと。

小浜島

写真提供:ホテルアラマンダ小浜島

ホテルアラマンダ小浜島ホテルニラカナイ小浜島のメインレストラン「ディープブルー」は、小浜島を目指す理由の1つとして、食通の間では密かな話題になっています。沖縄の素材とイタリア料理の巧みな技が融合したコース料理は、色鮮やかなオードブルから、どれも味わい深く格別。沖縄の旬を盛り込んだ美しい料理と上質なワインに酔いしれましょう。

写真提供:PIXTA

小浜島の人気店美ら島のめしや さとうきびは気取らない店構えとは裏腹に、元ホテルの料理長が手がけた料理が味わえます。ジーマミの揚げ出し豆腐や豚肉の黒糖ラフティーなど、メニューは店主におまかせを。

写真提供:BOB'sCAFE

そして、小浜島離島ターミナルすぐ近くにあるBOB'sCAFEは著名人も多く通う人気店。小浜島産の黒糖を使用した小浜バーガーは、あっさりした甘みの照り焼きバーガーで、一度味わうとヤミツキになるとか。

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。