You are here

トラベルノート

ニューヨークに 隠された、上質な ワイナリーを求めて

写真提供:KPG_Payless/shutterstock.com

ニューヨーク産のワインと聞いて、どんな味わいをご想像されるでしょうか。マンハッタンで始まった地元食材の素晴らしさを再評価する「ファーム・トゥ・テーブル」ブームをきっかけに、ニューヨークのワイナリーはこの10年ほど、競い合うように質を高めています。ボルドーよりも温暖で、ナパよりも冷涼な土壌で造られるワインの心地よい口当たりと美しい酸は高い評価を勝ち取り、2013年にはオバマ元大統領の第2期当選を祝う昼食会で提供されました。勢いを増すニューヨークワインの魅力を堪能できる、上質なワイナリーをご紹介します。

ニューヨーカーを魅了してきたアメリカ最古のワイナリーへ

写真提供:brotherhood winery

ニューヨークワインの素晴らしさを味わうために、まずは始まりの地を訪れましょう。1839年創業のブラザー・フッド・ワイナリー(英語)は現存する最古のアメリカ・ワイナリーであり、今も質の高いワインを生産し続けています。

写真提供:brotherhood winery

アメリカ最大を誇る地下のワイン貯蔵庫は、当時の職人が手作業で造り上げたものであり、足を踏み入れた瞬間、重厚感あふれる佇まいに圧倒されることでしょう。代表作とも言える白ワインのリースリングは、爽やかな甘みが口の中いっぱいに広がり、クリーミーでバランスの良い味わい。クリントン元大統領も愛したこのワインは、今もホワイトハウスのワインセラーに収まっています。ブラザー・フッド・ワイナリーのツアーはニューヨーカーにも人気が高く、歴史あるワインセラーを歩いた後の試飲は格別です。

ワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞した
「ラモロー・ランディング・ワインセラー」

写真提供:lamoreaux wine

ニューヨーク州最大のワイン生産地フィンガー・レイクスでも、屈指の栽培農家であるラモロー・ランディング。彼らが経営するラモロー・ランディング・ワインセラー(英語)は、2010年と2012年にアメリカのワイン専門誌「ワイン&スピリッツ」のワイナリー・オブ・ザ・イヤーにも選出されており、品質の高さは折り紙付きです。

写真提供:lamoreaux wine

ステンレスタンクで発酵させたドライ・リースリングは、しっかりしたミネラル感とバランスのとれた酸味があり、特に香り高さが評価されています。同じくステンレスタンクで熟成させたカベルネ・フランも人気の一本。滑らかで果実味がしっかりとしたこのワインは、ドライチェリーやタバコに例えられる香りと、熟したエルダーベリーやカシスの味わいが印象的です。ぜひ、現地でのテイスティングでお気に入りの1本を見つけてください。

「ニューヨークのボルドー」と称される
ロングアイランドのワイナリーツアー

写真提供:German/PIXTA

ニューヨーカーが愛する超高級避暑地として名高いロングアイランドは、質の高いメルローの産地としても知られています。四方を海に囲まれ、気候に恵まれていることから「ニューヨークのボルドー」とも呼ばれています。小規模な「ブティック・ワイナリー」で丁寧に製造されているワインは、個性豊かで上質なものばかり。少量生産が主なので、現地でしか味わえない希少なワインも多く存在しています。マンハッタンから行ける<ワイナリーツアーなら、移動手段の心配をせずに、さまざまなワインを堪能できます。

アーバン・ワイナリーでニューヨーカー気分を味わう

写真提供:Brooklyn Winery Wine Bar

産地はもちろん流通経路にもこだわるニューヨーカーの間で近年注目を集めているのが「アーバン・ワイナリー」。都心部でワインの製造から提供までを一貫して行うスタイルは、「ファーム・トゥ・テーブル」や「シー・トゥ・テーブル」に並ぶトレンドとなっています。その中で、ナイトスポットとして支持を得ているのがブルックリン・ワイナリー・ワイン・バー(英語)です。

写真提供:Brooklyn Winery Wine Bar

フィンガー・レイクスやロングアイランドなどから取り寄せたブドウを使い、店内で醸造を行っています。フィンガー・レイクス産のシャルドネを使ったバレル ・ファーメンテッド・シャルドネは、クリーミーな舌触りが特徴。発酵にフランスの古樽を使うことで、クリーンな味わいの中に新鮮な洋梨やバタースコッチのようなニュアンスを感じとることができます。各地のワインとその場で飲み比べられるのは、ワイン・バーならではの楽しみ方です。

【おすすめリゾート】

ウエスト57ストリート・バイ・ヒルトン・クラブ

ニューヨークでワインを心ゆくまで楽しむなら、マンハッタンのミッドタウンに位置する「ウエスト57ストリート・バイ・ヒルトン・クラブ」がバケーションの拠点に最適です。大きな窓のある客室からは、摩天楼が一望できます。館内には開放的なテラスの他、フィットネスセンターも完備しています。

ワイナリー巡りで見つけたお気に入りのボトルとともに、ニューヨークの夜景をお楽しみください。また、タイムズ・スクエアやロックフェラー・センター、セントラル・パークなども徒歩圏内にあり、ニューヨーカー気分で過ごすバケーションには最適の立地です。

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。