You are here

トラベルノート

和をいただく、 贅沢な秋

写真提供:PIXTA

暑さが和らぎ、心地よい風が頬を撫でれば、待ちに待った「美食の秋」到来のサイン。

今年の秋は、極上の食材を堪能する美食三昧のバケーションを楽しみませんか。芸術作品のように美しい「ふぐ刺し」や貴重な国産の松茸を使った会席料理など、産地で味わう旬の高級食材をご紹介します。

味わって福を招く、冬を代表する高級魚

写真提供:PIXTA

冬季に旬を迎える高級魚と言えば「ふぐ」。可憐な花びらのように美しく透き通った身は、淡白なのに奥深く上品な味わい。熟練の職人が腕を振るう「ふぐ刺し」は、和食文化が生み出した究極の「華」と言っても過言ではありません。もちろん刺身だけでなく、ふぐ鍋、から揚げ、寿司、ひれ酒など多彩な食べ方を楽しめるのも魅力の1つ。 多くの舌を唸らせてきた、日本が誇る伝統食です。

関門海峡に面する山口県下関はふぐの取扱量日本一を誇り、ふぐ専門市場があるのは全国でもここだけ。福を招くよう下関ではふぐのことを「ふく」と呼び、さまざまな「ふく料理」を目にすることができます。また、下関には大きな「唐戸市場」があり、旬の魚介類も豊富に揃います。市場内には、獲れたての鮮魚でにぎる寿司や海鮮丼が味わえるコーナーも。冬季は、水揚量日本一の「あんこう」も旬を迎えます。「ふく」と共に味わってみてはいかがでしょうか。

【おすすめリゾート】

大谷山荘

写真提供:大谷山荘

山口県長門市、長門湯本温泉に佇む老舗旅館。昨年開かれた日露首脳会談の会場になったことで、その知名度は大きく高まりました。音信川の清らかな水音に耳を傾けながら、ゆったりと温泉につかれば散策の疲れも癒えるはず。

食事処では地元の旬の食材を厳選し、豪華絢爛な会席料理を提供しています。美しい盛り付けや鼻をくすぐる香りなど、五感を満たす至福のひとときに出会えるでしょう。9月〜3月限定で、産地直送のとらふぐを使った「ふく刺し」を用意。箸でそっと1枚、多くても3枚までに留めるのが、通の食べ方。口いっぱいに広がる、上品な味に思わず顔がほころびます。

野趣あふれる松茸に秋の香りを感じて

 

写真提供:PIXTA

その豊かな香りで、秋の訪れを感じさせてくれる「松茸」。そのまま素焼きにし、カボスをひと振りするだけで十分に旨味を感じられる松茸は、まさに秋の味覚の王様。人工栽培の難易度が高い松茸は、近年では海外産が増え、国内産はより貴重なものとなっています。

国内生産量第1位を誇る長野県では、秋になると直売所に採れたての松茸が並び、松茸小屋もお目見え。焼き松茸に松茸ご飯、茶碗蒸し、松茸すきやきなど個性豊かなメニューを味わえるのも、長野県ならではの醍醐味。産地でしか楽しめない贅沢な味わいを楽しみましょう。

【おすすめリゾート】

ホテルハーヴェスト旧軽井沢

写真提供:ホテルハーヴェスト旧軽井沢

大人の上質なバケーションにふさわしい街、旧軽井沢。品格のある佇まいで多くのゲストを魅了するリゾートが「ホテルハーヴェスト旧軽井沢」です。ゆとりあるゲストルームは、広いバルコニーと大きな窓が特徴。森の緑と清涼な空気とともに滞在を楽しめます。光射し込む中庭や温泉大浴場、レストランにプールなど、設備にも抜かりはありません。

和食会席と洋食コースを味わえるレストラン「アヴァン」では、9月1日から10月31日限定で「芳醇な秋の香り『松茸会席』」を用意しています。備長炭で焼き上げた松茸は、本来の野趣あふれる香りと味を存分に感じることができます。その他、松茸と鱧の土瓶蒸しから松茸の天婦羅、松茸炊き込みご飯まで、松茸のフルコース。松茸の豪華七変化を楽しみましょう。

国産ジビエ、エゾシカを贅沢に食す

 

写真提供:PIXTA

北海道にしか生息していない、貴重なジビエ「エゾシカ」。広大な大地を駆け回り、寒暖差の大きな北海道で育ったエゾシカは、身がギュッと締まり、噛みしめるほど滋味があふれ出てきます。ジビエと言うと「肉が固い」と思われがちですが、エゾシカのヒレ肉や内モモ肉は想像以上に柔らかく、歯切れの良さに驚くはずです。

エゾシカは古くから親しまれてきた「森の幸」とも言える存在で、明治初期には開拓使がシカ肉の缶詰工場を造り、海外へ輸出していたそうです。鉄分などのミネラルが豊富で脂質が少なく、高タンパクで低カロリー。野趣あふれる赤身肉は、イタリアンやフレンチでも重宝されています。初めていただく方は、ぜひシンプルにステーキかローストで。ヨーロッパでは高級食材として知られているシカ肉を、地場でいただきましょう。

【おすすめリゾート】

ヒルトンニセコビレッジ

写真提供:ヒルトンニセコビレッジ

四季折々の大自然に包まれたマウンテンリゾート。これからシーズンを迎えるウインタースポーツの会場としても有名で、2016年には「旅行業界のオスカー」とも称されるワールド・スキー・アワードの「ジャパン・ベスト・スキーホテル部門」にて4連覇を成し遂げたほど。北海道の雄大な景色を眺めながら入浴できる源泉掛け流しの温泉で、優雅な時をお過ごしください。館内にはラグジュアリーなスパ、24時間利用できるフィットネスセンターも備えています。

お食事は日本料理、鉄板焼き、寿司処など8つの店舗からお好きなものを。事前予約に限り、北海道が生んだ自慢のジビエ「エゾシカ」をいただくことができるお店も。リゾートをご予約の際に、レストランへお問い合わせください。

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。