You are here

トラベルノート

目指すのは究極の プレイグラウンド
アクティブに過ごす 真冬のバケーション

写真提供:Taras Hipp/shutterstock.com, Christopher Halloran/shutterstock.com

パウダースノーにシュプールを描き、ホワイトツリーの合間を滑る。他の追随を許さない巨大なスケールが魅力のスノーリゾートを満喫してみたいと思いませんか。あるいは、自然の造形美が生きる名門コースのゴルフリゾートを堪能してみたいと思いませんか。今回は、世界最高峰のスノーリゾートとゴルフリゾートをご紹介します。

ウィスラー/カナダ

写真提供:Adam Melnyk/shutterstock.com

プロスキーヤーも魅了する上質なパウダースノー、爽快感抜群のツリーラン。日本では味わうことのできない、極上の白銀世界が待つウィスラーへ。世界最大級のスキーエリア「ウィスラー・ブラッコム」は、バンクーバーオリンピックの会場になったことでその名が広まりました。当然、ゲレンデには最高の雪質とコースが用意されています。しかし、さらに上を望むなら、ヘリスキーに繰り出しましょう。チャーターヘリだけがアクセスできる氷河や林間エリアで、圧倒的な自然美の中を滑走する快感はここでしか味わえません。また、ウィスラー山とブラッコム山の中腹をつなぐ「ピーク・2・ピーク」は、ワイヤーで宙吊りのまま3kmもの距離を移動するスリリングなゴンドラです。眼下に広がる雪景色は、自然が生み出した芸術と言っても過言ではありません。

ウィスラー・ブラッコムの拠点となるウィスラー・ビレッジエリアには、スキーウエアやグッズを扱うアウトドア関連の店も多いので、手ぶらで行って現地で調達することも可能。バンクーバーから車で約2時間とアクセスの良さも魅力です。

【おすすめリゾート】
ウィスラー・バケーション・クラブ・アット・ツイン・ピークス(#3881)

ウィスラーでのウインターバケーションを心ゆくまで満喫するなら、コンドミニアムタイプのリゾートが理想です。全ての客室に、ゆったりと疲れを癒せるバスタブ、洗濯機、回転式乾燥機などの設備が整っており、長期滞在に最適です。

ウィスラー・ブラッコムまでは車で約5分。徒歩圏内に、日用品から日本食まで全てが揃うウィスラー・マーケット・プレイスやレストランもあり、ウィスラー・ビレッジの雰囲気を楽しむにも最高のロケーションです。
必要ポイント数:1,700~4,800ポイント(7 泊 8 日単位)

アリゾナ/アメリカ

写真提供:Life Atlas Photography/shutterstock.com

「ゴルフ天国」として知られるアリゾナは、巨大な天然のサボテンや砂漠、荒々しい岩山など、大地の力を感じられる躍動的なコースデザインが魅力。「むやみに開発せず、自然を生かし、調和すること」を信念とする、アリゾナならではのダイナミックなコースが待ち構えています。しかも、冬の寒さとは無縁のアリゾナ。日本が真冬でも快適にプレイを楽しめます。

ゴルフ愛好家が垂涎する「スコッツデール」には、PGAのトーナメント開催地である「TPCスコッツデール」、ワールド・オブ・チャンピオンシップ・トーナメントが行われている「グレイホーク・ラプター」など、名門コースが点在。全米屈指の人気トーナメント開催コースでプレイするチャンスです。プロも憧れる圧倒的な景観とコースを回ったら、ゴルフ観すら変わってしまうかもしれません。

【おすすめリゾート】
シェラトン・デザート・オアシス(#5247)

キッズ用プールやプレイグラウンドがあるリゾート「シェトラン・デザート・オアシス」なら、ファミリー全員でバケーションを楽しめます。雄大な景色が待つ「スコッツデール・トーナメント・プレーヤーズ・クラブ」まで車で約5分。清々しい空気の中、早朝のゴルフに出かけてみてはいかがでしょう。

屋外プールをはじめ、バーラウンジ、キッズコーナー、24時間利用可能なフィットネスを完備するなど館内設備も充実。フェニックスのダウンタウンまでは、車で約25分です。
必要ポイント数:1,700~4,800ポイント(7 泊 8 日単位)

RCI Asia Pacific Singapore, LLC
電話: 0120-805-811(日本からのフリーダイヤル)
03-6866-4900(日本国外・携帯電話から)
音声ガイダンスより6番を選択してください。
営業時間(日本時間)
月~金曜:午前9時~午後6時
土曜:午前9時~午後2時
※日曜日、日本の祝日およびシンガポールの一部の祝日(クリスマス・元旦)は休業

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。